白の琺瑯鍋・ケトルでキッチンをおしゃれに模様替え

白の琺瑯鍋・ケトルでキッチンをおしゃれに模様替え

2019/05/15

生活臭が気になるわが家のキッチン周りを、友だちを呼べるように模様替え。それも楽ちん、簡単に。その手とは、使い古した鍋やケトルを人気の野田琺瑯(ほうろう)の白い琺瑯鍋やケトルに買い替えること。キッチンのリフレッシュと料理のおいしさアップの二兎を追いました。

目次

    おしゃれで実用的な白の琺瑯鍋や琺瑯ケトルに入れ替えて、友だちを呼べるキッチンへ!

    野田琺瑯の白の琺瑯鍋やケトルで揃えれば、簡単・手軽に模様替えしつつ、料理の楽しみアップも

    野田琺瑯の白の琺瑯鍋やケトルで揃えれば、簡単・手軽に模様替えしつつ、料理の楽しみアップも

      子育てをしている間に、モノが増えて不本意ながらキッチンまわりは生活臭たっぷりの空間に。
      そろそろ何とかして、友だちを呼べるキッチンにしたい。
      とはいえ限られた空間でできることって、ある? 

      そこで提案。
      キッチンで目に飛び込む使い込んだ鍋やケトルを、総入れ替え。
      シンプルで上質感のある白の琺瑯でコーディネートしては。
      それも、デザインと品質の良さ、使いやすさでママたちの人気を集めている野田琺瑯の鍋やケトルに一新して、使い勝手のバージョンアップも図ろうという、一石二鳥の作戦です。
      おすすめは野田琺瑯のIHにも使える白い鍋のシリーズ「LUKE(ルーク)」と、ケトルとしても使えるドリップポット「ANBI(アンビ)」。
      どちらも野田琺瑯と暮らすワクワク感と新鮮な気分を高めてくれます。

        雑然としたキッチンを、白い琺瑯鍋とケトルで揃えてシンプルおしゃれに模様替えしてみた

        雑然としたキッチンを、白い琺瑯鍋とケトルで揃えてシンプルおしゃれに模様替えしてみた

        ごちゃつく小物はバスケット収納で目隠ししていたけれど、いろんな色や形の鍋や器が雑多にあったキッチン。
        リビングからも見えるので気になっていた……。

        模様替えといえば大がかりで費用もかかるけれど、結婚以来ずっと使ってきた鍋やケトルを、より使いやすくて長く使える琺瑯にバージョンアップする。
        この模様替えなら、手間がかからずメリットも大きい! 

        ラックの前面に、古い鍋類と入れ替えた野田琺瑯の白の琺瑯鍋を並べたら、見た目すっきりで取り出しやすさもアップしました。

          白い琺瑯のケトル兼ドリップポットは、レトロモダンなインテリアグッズとしても優秀

          白い琺瑯のケトル兼ドリップポットは、レトロモダンなインテリアグッズとしても優秀

          四角いフタが付いた四角い口元、なのに底面は丸いユニークなフォルム。
          レトロなのに、ボディをシェイプさせたモダンなデザイン。
          このルックスの良さは、国内外で評価の高い工業デザイナー山田耕民氏の手になるもの。
          どのアングルから見ても美しいというコンセプトのもとにデザインされたのだそうです。
          もちろん使い勝手も文句なし。
          眺めるだけでもワクワクしてしまう琺瑯のケトル兼ドリップポットですが、湯沸かしやコーヒーを淹れる時だけでなく、水差しとしてテーブルへ。
          ときには花瓶にしてもフォトジェニック!

          中まで琺瑯だから、洗えば清潔に保てて色や汚れ、匂いも付かないので、こんなマルチな使い方も思いのままに楽しめます。

          ホワイト以外にも、ネイビー、グレー、オリーブの4色。
          いずれも木のつまみがアクセントになったアンティークな雰囲気の色味と、ぽってりした琺瑯の質感が、いい存在感を放っています。

            白い琺瑯の鍋はそのまま食卓に出せるフォルムが魅力的。作り置きにもおすすめです

            白い琺瑯の鍋はそのまま食卓に出せるフォルムが魅力的。作り置きにもおすすめです

            IH調理器にも使える「ルーク」シリーズの浅型キャセロールは、4人家族で使いやすいサイズ。
            実際に使ってみて分かることですが、内側の底と縁との角度がなめらかで、木ヘラをあてた時に、かき混ぜるのがとてもスムーズ。
            ちょっとしたことですが、作っている最中にはぐっと気持ちが乗ります。
            それに、安定の良い形に加えて内部の鉄板に厚みがあるので、保温性が良いのも大きな魅力。
            火を止めても鍋の温度で調理が持続して、まろやかなおいしさに仕上がります。

              <たっぷり作って、残ればリメイク>
              わが家の定番・鶏のトマト煮込み。
              食べやすい大きさに切った鶏もも肉に塩コショウをして、小麦粉をはたき、オリーブオイルで焼き目を付けたら、玉ネギ、シメジ、ニンニクを炒め、カボチャを加えて、水、コンソメ、水煮缶のトマトで煮込みます。
              ちょっぴりケチャップと牛乳を加えて、トマトの酸味をマイルドにすると子供が喜んで食べてくれます。
              1日目はそのまま、2日目はゆでたパスタを入れてトマトソースにしたり、オムライスの上にかけたり、リメイク料理も好評です!

              白の琺瑯ミルクパンでやさしい甘さの甘酒ホットミルクを作るしあわせ

              白の琺瑯ミルクパンでやさしい甘さの甘酒ホットミルクを作るしあわせ

              目下のお気に入りは白い琺瑯鍋シリーズ「ルーク」のミルクパンを使って、市販のノンアルコールの甘酒に牛乳を加えて作るホットドリンク。
              リラックス気分に浸れるので、仕事がハードだった日の夜に飲んでいたら、息子・小6が気に入って、時々おねだり。
              この日も、部活でたっぷり運動してきたご褒美に。
              これで空腹をまぎらわせて、晩ご飯まで待てそうです。

              このミルクパンは、いろんな用途に使えるやや大ぶり。
              持ち手が長くて熱くなりにくく、半月型なので持ちやすいところや、
              左右どちら側にも注ぎ口が付いているところに、使いやすさを実感しています。

                古いお鍋やケトルを野田琺瑯の白い琺瑯に入れ替えただけの、超ファスト模様替え。
                それでも、キッチンに仲間入りした野田琺瑯の白の琺瑯鍋やケトルには、一つ一つに職人さんの手仕事の温もりが感じられ、キッチンに立つ時間が楽しくなったのも、今回の模様替えの大きな成果でした!

                この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

                執筆: くらしと編集部

                記事内で紹介している商品

                関連記事

                人気記事

                  紹介している商品を見る

                  記事内で紹介している商品