炭酸水でヘルシーな美味しいドリンクとデザートレシピ

炭酸水でヘルシーな美味しいドリンクとデザートレシピ

2018/10/25

コスパ抜群の炭酸水メーカー「ソーダストリーム」で、今人気のシュワシュワ果物を作ってみた。季節の果物に炭酸水を注ぐだけで、子供が大喜びの冷たいデザート。大人には果物や野菜、スパイスに炭酸水を加えたデトックスウォーター気分のヘルシードリンクも!

この記事のまとめ

    大人気の炭酸水をソーダストリームで作り、
    健康にプラスなレシピでドリンクやデザートを作ってみました

    お家で炭酸水が作れると、ヘルシーで美味しい楽しみが増える!

    お家で炭酸水が作れると、ヘルシーで美味しい楽しみが増える!

    普段の飲物やおやつをもっとヘルシーに美味しく楽しみたい。
    おすすめは炭酸水を上手に取り入れること。
    でも、炭酸水を普段使いしたくても、ペットボトルやビン入りだと買物が重くなる、けっこう高くついて家計に響く、さらには空容器がたまって分別やゴミ出しが大変。
    そんな不便を解消するのが、今人気急上昇中の炭酸水メーカーです。
    中でも「ソーダストリーム」は交換式のガスシリンダーを簡単にセットできて、しかも微炭酸・中炭酸・強炭酸が簡単に作り分けできるスグレモノ。
    電気も電池も不要でゴミも出ないからエコ。
    今注目を集める人気の炭酸水メーカーを、実際に使って試してみました。

    【レシピその1】
    炭酸水+果物などで、話題のシュワシュワ果物とデトックスウォーターを!

    【レシピその1】炭酸水+果物などで、話題のシュワシュワ果物とデトックスウォーターを!

    美容や健康を考えて、プレーンな炭酸水をそのまま愛飲したり、アレンジして楽しんだりする人が増えています。
    そんなアレンジとして子供たちやママたちに人気があるのが、炭酸水と果物の組み合わせ。
    中でも、炭酸水に浸けたシュワシュワの果物の美味しさは、きっとこの夏の人気おやつナンバーワンに輝きそう。

    ●ソーダで作るシュワシュワ果物はキッズにも大人気!

    作り方は超簡単。イチゴやベリー類、ブドウ、金柑、ミニトマトなど皮をむかずに食べられるフルーツをビンに入れ、炭酸水を注いでフタをして冷蔵庫で冷やすだけ。
    待つこと、イチゴやベリー類なら2時間ほど、ブドウや金柑、ミニトマトは6時間ほど。
    口に入れて、かんだとたん、シュワッと心地よい刺激と冷たい果物の美味しさがはじけます。
    シュワシュワ感を楽しむには、「強炭酸」がおすすめ!

    イチゴやラズベリー、ブラックベリーに炭酸水を注ぐと、たちまちベリーの表面に気泡ができて、ヒマリちゃんの目がキラキラ。すっかりくぎ付けに。

    ●デトックスウォーター気分の炭酸ドリンクもGOOD!

    別の透明なガラス瓶にバナナと青ブドウ、たっぷりのミントを入れて、炭酸水を注ぎ入れました。 大きなジャーには、オレンジやレモン、ラズベリーにミントとシナモンスティック、唐辛子(タカノツメ)を入れて。
    こちらは大人向き。スパイシーなデトックスウォーター気分の炭酸ドリンクです。

    冷蔵庫に入れて時間をおくと、それぞれに素材の持ち味が溶け合って、フレーバーとほのかな甘みや酸みが楽しめる特製の炭酸ドリンクに。
    飲んでみると、果物やハーブのエキスが体にしみわたるような、ピュアでナチュラルな美味しさです。
    果物以外にも、ミニトマトやパプリカ、キュウリ、セロリなどの野菜もおすすめ。
    保存は真冬以外の時期は必ず冷蔵庫に入れて、24時間以内には飲みきるようにしましょう。
    飲みきった後の果物はジャムにしたり、カレーに加えたりと応用も楽しみです。

    【レシピその2】
    炭酸水+ショウガでお手製ジンジャーエール。疲れも吹っ飛ぶような爽やかさ

    体も気分もシャンとさせたい時の飲物といえばジンジャーエール。
    それも微炭酸から強炭酸までお好みの強さの発泡で炭酸水が作れるソーダストリームなら、わが家好みのジンジャーエールが手軽に作れます。

    【レシピその2】炭酸水+ショウガでお手製ジンジャーエール。疲れも吹っ飛ぶような爽やかさ

    まずは作り置きのジンジャーシロップ作りから。
    ショウガ300gをすり下ろして、蜂蜜150g、砂糖200g、ショウガと同量の水300gを加え、20分ほど煮詰めてザルでこします。レモン汁を加えると出来上がり。
    (こしたショウガは、豚肉のショウガ焼きなどに使いましょう!)

    グラスにジンジャーシロップを入れ、炭酸水で割ると感動のジンジャーエールが完成。
    のどを心地よく刺激して、飲んだ後はスッキリと口に涼風を感じます。

    【レシピその3】
    炭酸水を加えて、シュワッと感が楽しいニンジンゼリーも作ってみました

    【レシピその3】炭酸水を加えて、シュワッと感が楽しいニンジンゼリーも作ってみました

    ニンジンゼリーは、粉ゼラチン1袋(5g)を50ccのお湯でよく混ぜて溶かします。
    すり下ろしたニンジンにゼラチンとお好みで砂糖や蜂蜜を加えて鍋でサッと熱し、さましておきます。
    さめたら炭酸水を少しずつ注ぎ入れてゆっくりかき混ぜ、器に注いで冷蔵庫で冷やし固めます。
    固まったらクラッシュして、ミントを飾るとおしゃれ!
    (ニンジンはお好みで、ザルでこして果肉の量を調節してもOK)

    ほのかにシュワッとする食感と、少し生っぽさを残したニンジン入りのゼリーを食べるヒマリちゃん。
    本当はまだまだ好き嫌いが多く、ニンジンは苦手で食べられないのに、ニンジンゼリーは完食できました。
    これにはママもびっくり!

    【レシピその4】
    リラックスタイムは、ママの元気を支える青汁で「青汁ハイ」。
    炭酸水でのど越しが爽やか

    【レシピその4】リラックスタイムは、ママの元気を支える青汁で「青汁ハイ」。炭酸水でのど越しが爽やか

    体調管理と美容にはいつも気遣っているママの真帆さん。
    細くても片手にヒマリちゃんを抱き、もう一方に重い荷物を抱えて移動するスタミナを維持するために、朝晩、青汁を欠かさないのが日課となっています。
    そんな真帆さんが炭酸水と焼酎で割った「青汁ハイ」を試して、「あ、これは飲みやすい!」と一言。
    今までは夜に飲む青汁がちょっぴり苦痛に感じる日もあったのが、「これなら楽しみになりそうです。リラックスもできて、いいことずくめですね!」と笑顔で語ってくれました。

    ミントを浮かべてさらに飲みやすく、とアレンジする楽しみも広がりそうです。

    スマートなルックスのソーダストリーム Source v3(ソース v3)は、本体にガスシリンダーをセットするのが簡単。
    フロント部分に水を入れた専用ボトルをセットしたら、上部の四角い部分を上からグッと押し込むと炭酸がボトルの水に噴出して溶け込みます。
    押す回数で微炭酸・中炭酸・強炭酸とシュワシュワ度が高まるので、楽しみながら作れるのも魅力。
    おもてなしやホームパーティの花形になってくれそうです。

    この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

    執筆: くらしと編集部

    記事内で紹介している商品

    関連記事

    人気記事

      紹介している商品を見る

      記事内で紹介している商品