• HOME
  • ファーストサマーウイカ主演「私のエレガンス」ドラマ登場アイテム

私のエレガンス あなたもエレガントになろう!キャンペーン クーポン利用でポイント最大20倍

BSテレ東 4月2日(土)スタート 毎週土曜夜9時~9時55分

元レディースでデコトラ運転手のシングルマザーが娘のために“エレガンス”な女性に大変身!?
令和版プリティ・ウーマン!?
ファッションの勉強にもなる新しいラブコメディが誕生!

応募期間/応募方法・条件

【応募期間】

2022/4/2(土)昼12:00~ 2022/4/8(金)23:59

【応募方法&条件】

  • ※Twitterアカウントを非公開設定もしくはダイレクトメッセージの受取拒否設定している場合は、抽選の対象外です。
  • ※リツイートは、公式リツイートのみ有効です。
  • ※本ページに記載の内容およびプライバシーポリシーに同意いただくことが応募条件となります。なお応募があった時点で、本ページに記載の内容およびプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなします。未成年者の場合、応募に際して親権者の同意が必要ですので、応募前に必ずご確認ください。応募があった時点で親権者の同意を得たものとみなさせていただきます。

当選発表

応募期間終了後に、各ご当選者へ順次、ひかりTVショッピング Twitterアカウント(@hikariTVshop)からダイレクトメッセージにてご連絡いたします。プレゼントの受渡方法はダイレクトメッセージに記載されておりますのでご確認ください。

  • ※ご当選者へのダイレクトメッセージをもって、当選発表と代えさせていただきます。
  • ※当選者発表はご当選者のみに連絡いたします。

注意事項

本キャンペーンにご参加の際は、以下の注意事項をご確認ください。

  • ・キャンペーンの参加にはTwitterアカウントが必要です。
  • ・複数アカウントを使用した応募を確認した場合、1回の応募のみを有効とみなし、それ以外の応募は無効といたします。
  • ・抽選方法や抽選結果につきましてはお答えできません。
  • ・プレゼントのお届け先は日本国内に限ります。
  • ・当選権の譲渡および換金を行うことはできません。また、プレゼントの転売行為を禁止いたします。
  • ・不正行為があると判断した場合は、該当者の応募および当選の権利を無効といたします。
  • ・賞品送付時に生じた損害に関しましては、当社は賞品相当額の範囲内での責任を負います。ただし、故意または重過失による場合はその限りではありません。
  • ・本キャンペーンは予告なく中止または変更する場合があります。

以下の項目に該当する場合には当選が無効となります。

  • ・当選の連絡までに公式Twitterアカウントのフォローを外した場合
  • ・本キャンペーンの対象ツイートの公式リツイートを取り消した場合
  • ・Twitterアカウントを非公開に設定している、ダイレクトメッセージの受取拒否設定、Twitterアカウントを削除した等の理由で、当選通知ができない場合
  • ・そのほか運営が不適切と判断した場合

番組概要

愛する娘のために“エレガンス”になることを決意する元レディース総長のトラックドライバー・薬師寺桃子を演じるのは、本作が連続ドラマ初主演となるファーストサマーウイカ。
母娘で茨城から東京へ引っ越し、娘が通うことになった小学校がセレブな子どもしかいない区立御三家だということが判明。娘に肩身の狭い思いをさせたくないと一念発起し、“エレガンス”を求めて桃子はあるサロンを訪れる。
サロンの女主人マダム・マリーを演じるのは草刈民代。マダムの下で、桃子は“エレガンス”な女性になるためのファッション知識やその歴史、様々な場面におけるマナーや立ち振る舞いのレッスンを受けていく。そして、娘が恋した同級生の父親・綾小路眞一を演じるのは吉沢悠。3代目社長で超セレブの眞一と桃子が急接近するが、不釣り合いだと妬む周りの声も...
果たして2人の恋の行方は!?

番組名
土曜ドラマ9「私(あたい)のエレガンス」<4K制作>
※この番組は4K制作です。BSテレ東4Kでは、超高精細映像をお楽しみいただけます。
放送日時
2022年4月2日(土)スタート 毎週土曜夜9時~9時55分  全6話
放送局
BSテレ東(BS ⑦ch) / BSテレ東4K(4K⑦ch)
主演
ファーストサマーウイカ
出演
草刈民代 吉沢悠ほか
脚本
本山久美子 大谷洋介
監督
松本佳奈 西海謙一郎
音楽
遠藤浩二
プロデューサー
濱谷晃一(テレビ東京)、田中智子(テレビ東京)、永井宏明(unit)、向井達矢(ラインバック)
制作
BSテレ東、unit
制作協力
ラインバック
製作著作
「私のエレガンス」製作委員会2022

ページの先頭へ