注目のキーワード:
RTX3080
PlayStation
switch
加湿器
訳あり
鬼滅の刃
RTX3070
RTX3090
ダイソン
象印 加湿器
炊飯器
洗濯機
掃除機

お一人さま2点限り

カートに入れる

ぷらら補償?

ほしい物リストに入れる

ダイキン 除加湿ストリーマ うるるとさらら空気清浄機 MCZ70X-T

  • ぷらら補償
  • 送料無料
  • 日時指定

除加湿ストリーマ うるるとさらら空気清浄機の商品説明

商品の特徴

除加湿ストリーマ うるるとさらら空気清浄機

「除湿」機能があるからプレミアム。これからの空気清浄機のかたちです。

しっかり除湿

エアコンにも使われている、ヒートポンプ式(コンプレッサー式)を採用



パワフルな除湿力※2

8.0L/日(50Hz)| 9.0L/日(60Hz)

4段階で設定可能目標湿度は目安です。

連続 | 高め(60%)| 標準(50%)| 低め(40%)
本製品の除湿機能には、お部屋を冷やす機能はありません。むしろ運転中は熱を発生しますので、室温が上がります。

※1 日本電機工業会規格JEM1467に基づく試験方法により算出。
※2 JISC9617(電気除湿機)による室内温度27℃、湿度60%RHで強運転した時の定格除湿能力。

たっぷりな「加湿力」とストリーマで、クリーンなうるおいを室内へ。

ダイキンは トリプル対策 で清潔加湿

1 ストリーマ

加湿フィルターをストリーマで除菌※3

約25m3(約6畳)の密閉した試験空間での5時間後の効果です。試験空間での効果であり、実使用空間での試験結果ではありません。

加湿する水の細菌をストリーマで抑制※4

ストリーマを加湿フィルターだけでなく水トレーにも照射し、水に含まれる細菌を抑制。水まわりの清潔さを保つことで、キレイな空気とうるおいをお部屋に届けます。
水トレーは定期的なお手入れが必要です。(約1ヵ月に1回)また実使用空間での試験結果ではありません。 ●タンクの水は必ず水道水を使い、毎日新しい水に入れ替えてください。井戸水や浄水器などの水を使用すると、雑菌が繁殖しやすくなります。

2 銀イオン剤交換不要

水トレーに銀イオン剤を搭載

交換不要のものでも、使用環境や使用状況により交換が必要になる場合があります。

3 抗菌加湿フィルター※5NEW

小林製薬の持続性抗菌剤「KOBA-GUARD」を採用した加湿フィルターを搭載

●加湿フィルター上の菌を抑制。すべての菌に効果があるわけではありません。中性洗剤・重曹でのお手入れで抗菌効果が低下する場合があります。

10シーズン交換不要※6

加湿能力を基準とした交換目安。定期的なお手入れが必要です。

しつどで体感温度が変わる!
同じ温度でも、しつどが上がると肌は暖かく、しつどが下がると涼しく感じます。
●比較写真は体表温度の差を示したものです(入室15分後のデータ)。

たっぷり加湿

加湿量680mL/時※7にアップ
前モデルMCZ70Wとの比較



加湿しても清浄能力が低下しない

◎連続、高め、標準、低めから選べる4段階加湿
◎高めの湿度に自動調節するのど・はだ運転

※3(加湿フィルターの除菌)加湿フィルターで捕獲したものに効果を発揮します。試験機関:(一財)日本食品分析センター 試験番号:第17123167001-0101号 試験方法:空気清浄機に搭載した加湿フィルター上流側に菌液を接種した試験片を貼付し、25m3(約6畳)の密閉した試験空間で運転。5時間後の生菌数を測定。対象部分:加湿フィルター 試験結果:約5時間で99%以上抑制 試験機:MCZ70Xと同等機種(MCZ70U)で実施(ターボ運転)。
※4(水トレーの菌抑制)試験機関:(一財)日本食品分析センター 試験番号:第17134403001-0201号 試験方法:日本電機工業会 自主基準(HD-133)の性能評価試験にて実施。試験対象:加湿用水内の1種類の細菌。試験結果:24時間で99%以上抑制。試験機:MCZ70Xと同等機種(MCZ70U)で実施(ターボ運転)。
※5 試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構 試験番号:20220018937 試験方法:JIS L 1902:2015 菌液吸収法 試験対象:2種類の細菌 試験結果:抗菌活性値2.0以上
※6 定格加湿能力に対し加湿能力が50%に落ちるまでの期間。1日の使用時間8時間、1シーズンを6ヶ月とし取扱説明書に従い、定期的にお手入れをした場合の交換めやすです。水質、使用環境によって、加湿フィルターの交換時期は早くなることがあります。
※7 JEM1426(電気加湿器)による室温20℃、湿度30%でターボ運転した時の加湿能力。
※8 日本電機工業会規格JEM1467に基づく試験方法により算出。

汚れ、ニオイに2倍の分解力

ツインストリーマ


従来機に比べ、2倍のストリーマユニットを搭載。
さらに、フィルターに効率よく照射される構造設計にしています。

有害ガスの分解スピードが2倍※9


●試験空間での効果であり、実使用空間での試験結果ではありません。
従来機に比べ、2倍のストリーマユニットを搭載し、排ガスなどの有害ガスの分解スピードが2倍に。

脱臭性能が2倍※10


●29.4m3(約7畳)の試験空間での30分後の効果です。試験空間での効果であり、実使用空間での試験結果ではありません。
脱臭フィルターでニオイを吸着して、ツインストリーマですばやく分解。脱臭フィルターの効果と組み合わせて脱臭量が2倍に。

ツインストリーマで本体内部も清潔に 集塵フィルターを除菌※11
除菌スピードが2倍※12(当社比)


●約25m3(約6畳)の密閉した試験空間での2.5時間後の効果です。試験空間での効果であり、実使用空間での試験結果ではありません。

※9 1m3ボックスに空気清浄機および排ガス由来のVOCとしてアセトアルデヒドを投入し、空気清浄機を運転(ストリーマ最大出力運転時)。アセトアルデヒド濃度変化を測定(フィルター吸着分は差し引いた分解量のみ試算)。(自社評価)アセトアルデヒド濃度の減少傾きが従来の2倍であることを確認。新型機2021年MCZ70Xと同等機種(MCK70U)と従来機2016年MCK70Tとの比較。
※10 29.4m3(約6畳)の試験空間でタバコによるアンモニア濃度の変化を測定。臭気強度3相当の濃度からの減衰を比較。(自社評価)試験結果:30分後の室内アンモニア濃度が1/2であることを確認。新型機2021年MCZ70Xと同等機種(MCK70U)と従来機2016年MCK70Tとの比較。
※11 試験機関:(一財)日本食品分析センター試験番号:第17117469001-0101号試験方法:空気清浄機に搭載した集塵フィルター上流側に菌液を接種した試験片を貼付し、25m3(約6畳)の密閉した試験空間で運転。2.5時間後の生菌数を測定。試験対象:1種類の細菌試験結果:2.5時間後に99%以上抑制 試験機:MCZ70Xと同等機種(MCK70U)で実施。
※12 ツインストリーマ:2.5時間で99%以上抑制とストリーマ:5時間で99%以上抑制との比較。ツインストリーマ:2021年MCZ70Xと同等機種(MCK70U)ストリーマ:2016年MCK70Tと同等機種(MCK70S)

【商品の仕様】

カラー ビターブラウン
電源 単相100V(50Hz・60Hz共通)キャブタイヤコード(床置対応)
本体寸法(mm) H690×W415×D360
本体質量(kg) 23(水無し)
タンク容量(L) 加湿タンク約3.0, 除湿タンク約3.0
詳しいスペックはこちらをご覧ください

商品詳細情報ページ (ひかりTVショッピング外のページに移動します)

https://www.daikinaircon.com/ca/cz/index.html

商品の仕様

メーカー名 ダイキン
商品型番 MCZ70X-T
JANコード 4548848882212