ベランダやテラスにテーブルを置いて、アウトドア・リビング

ベランダやテラスにテーブルを置いて、アウトドア・リビング

2018/12/19

親子で楽しむ週末に、わが家のアウトドア=ベランダを活用しませんか。一緒に観察したり、絵の具でスケッチしたり、キャンプ気分で冷やした野菜や果物を丸かぶりも。楽しむのに欠かせないのは、場づくり。おしゃれなガーデンテーブルが生活の場を広げます。

目次

    ベランダやテラスにテーブルを置いて、親子で一緒にアウトドア・リビング

    ベランダやテラスに置いたテーブルが、親子の時間を広げる基地になる!

    ベランダやテラスに置いたテーブルが、親子の時間を広げる基地になる!

    週末もアウトドアで遊びたい。でも、毎週遠出するのは、移動や準備・後片付けを考えるだけでも、ちょっぴり負担。クルマが渋滞に巻き込まれると、子供も疲れるし。
    では、遠出と近出(!)を上手に織りまぜたら、どちらも新鮮な気分で楽しめるのではないでしょうか。
    近出ができる最も手軽な場所といえば、ベランダやテラス。洗濯物に占領されがちですが、考えるともったいないですよね。
    しかし、洗濯物を干すポールや関連グッズを片づけても、さあ、何かをしようとしたら、その「場」がない。何をするにも基地がいるもの。その基地のオススメがガーデンテーブルを置くことです。リビングの延長になり、アウトドア気分も楽しめます。
    親子で一緒に楽しめる時間は、今、親が思う以上に短いものです。
    「ベランダやテラスで一緒に楽しむ時間」から、今プチ・トレンドになっている「ベランピング」(ベランダでキャンピング気分)に発展しても、面白そう。

    ベランダテーブルでいろんなものを顕微鏡で見よう

    ベランダテーブルでいろんなものを顕微鏡で見よう

    昆虫のカタチ、動き方、足が何本あって、頭に触角が付いていて……。見れば見るほど不思議で面白い。
    野外に携帯できる顕微鏡があれば、その「見る」楽しさをさらに広げることができます。
    ベランダのガーデンテーブルの上でも、顕微鏡をのぞけば、プランターの花や葉っぱ、根っこ、草の実、お菓子のくず…見知らぬ世界が広がって、きっと子供の好奇心が全開。大人も夢中になってのぞき込んでしまうほど楽しいものです。
    ベランダやテラスの少々汚しても濡らしても平気なガーデンテーブルが、小さな実験室に。

    新鮮な採れたてをフレッシュなまま食べよう

    新鮮な採れたてをフレッシュなまま食べよう

    実家から送ってもらったり、家庭菜園で取れたりした新鮮な野菜や果物は、冷蔵庫ではなく、氷水で冷やして食べるとフレッシュな味が生きてくるもの。
    ベランダやテラスのガーデンテーブルで、キャンプみたいにワイルドに演出すれば、子供もきっと大喜び。
    目の前で切ったり皮をむいたりして、普段はキッチンでママがしているプロセスを見せてあげると、食育にもなっていいですね。
    ベランダやテラスのガーデンテーブルならアウトドア気分。何でもおいしいから、苦手な野菜を克服できるかも!

    スケッチしてみると、意外な発見がいっぱい

    スケッチしてみると、意外な発見がいっぱい

    ベランダやテラスのガーデンテーブルにスケッチブックを広げて、
    野菜や果物を写生してみるのも楽しい試み。
    スケッチには、細やかに観察する面白さと、
    それを画用紙に自分らしく表現する二重の楽しさがあります。
    そんなチャンスに、いつもと違う体験をさせて子供の好奇心を広げてみては。
    たとえば絵の具。発色のきれいな透明水彩絵の具で描かせてあげると、子供には新鮮な驚きがいっぱい。
    学校で使う絵の具と違って、絵筆に含ませる水の加減で濃淡ができ、にじんだりぼやけたり、同じ色でもさまざまな表情が生まれます。
    お絵描きなんてきらい、と言っていた子が、描き出すと夢中になるのはよくあること。ベランダやテラスのガーデンテーブルなら、周囲を汚す心配もなく、のびのびと絵の具が使えます。

    紙飛行機にも描いてみたよ

    紙飛行機にも描いてみたよ

    絵の具、クレヨン、色鉛筆、マーカーなど、色を使う楽しさを知ったら、
    スケッチブックだけでは物足りない。
    ベランダやテラスのガーデンテーブルなら、もっといろいろのびのびと楽しめます。
    たとえば、真っ白な紙飛行機に模様を描いて、お散歩がてら公園へ飛ばしに行ったり、
    画用紙や紙コップに好きな模様を描いて、その日の晩ご飯はそれをランチョンマットにして紙コップを添え、気分を盛り上げたり。
    そんな何でもないことが、子供にはちょっと特別なことに感じられ、ご機嫌になるのです。

    収穫した野菜でBBQもいいね

    収穫した野菜でBBQもいいね

    ご近所を気にせずバーベキューができる環境があれば、ぜひベランダやテラスでのバーベキューを楽しみたいですね。
    パパが使いたくてうずうずしていたバーベキューグリルの出番です。
    いつものガーデンテーブル、こちらの素材はアルミ製。
    パパご自慢のバーベキューグリルをくっつけて使えるので、とても便利。
    このバーベキューグリルは、焼いている途中の炭の継ぎ足しや火加減がしやすく、楽しいバーベキューの後に待っている面倒な後始末もラクラクのスグレモノ。
    ベランダやテラス、お庭の片隅なら、出番も増やせて、ママも楽ちん。家族全員がハッピーですね。
    たっぷり楽しんだ後のデザートは、ちょっとキッチンへ。冷凍庫から今家族がお気に入りのアイスクリームをサーブするなど、お家ならではの小回りもききます。

    ガーデンテーブルがあれば、親子の遊び場が広がる!

    ガーデンテーブルがあれば、親子の遊び場が広がる!

    ベランダやテラスをアウトドアのリビングに変えてくれるガーデンテーブルとチェア。
    どちらもアルミ製で、濡れや汚れに強いだけでなく、軽いのが魅力。お客様のある時は室内に入れてテーブルスペースを広げる、荷物やコート置き場にする、といった使い方も。
    ガーデンチェアはスタッキングできるので、予備のチェアとして、また玄関に置けば、ブーツの脱ぎ履きや、子供のランドセル、買い物帰りのスーパー袋のちょい置きにも便利。
    ガーデンテーブルやチェアはガーデンで使うものと決めつけず、
    家族の暮らしに上手に活用してみませんか。

        この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

        執筆: くらしと編集部

        記事内で紹介している商品

        関連記事

        人気記事

          紹介している商品を見る

          記事内で紹介している商品