北欧インテリアのコーディネート実例と、アイテムで変える北欧スタイル!

北欧インテリアのコーディネート実例と、アイテムで変える北欧スタイル!

2019/05/23

インテリアの中でも高級感があり、特に人気が高い北欧テイスト。ぬくもりを感じさせる雰囲気や、優しい色合いが大きな魅力です。この記事では、リビングを北欧テイストのインテリアにする場合のコーディネートのポイントについてお伝えします。

目次

    まずは北欧インテリアを知ろう!

    まずは北欧インテリアを知ろう!

    北欧インテリアとは、スウェーデン・ノルウェー・デンマークのスカンジナビア3国にフィンランドを加えた北欧4国のインテリアを指すことが多く、自然をモチーフとした柄・素材が中心で、美しさと機能性を兼ね備えた印象的なテイストのインテリアです。

    日照時間が短く平均気温が低い北欧では、温かみを感じさせる色を組み合わせたり、木や石・ファブリックなど自然素材をよく使ってインテリアに仕上げています。

    ホワイトやベージュ・グレーといったベースカラーにブルーやイエロー・オレンジといった彩度の高い色をアクセントで使ったり、デザイン性の高い照明器具を組み合わせることも多くあります。

    北欧インテリアのリビングコーディネートのポイントを紹介!

    北欧インテリアのリビングコーディネートのポイントを紹介!

    リビングでは、使用する家具の数が多いもの。すっきりさせるには、デザインや素材を統一させることが大切です。

    たとえばテーブルやチェア、テレビボード、ソファの脚部分などを木製に統一すれば、落ち着いた印象になります。
    カーテンやラグのような大きな面積を取るアイテムは、色をそろえることが大切です。

    濃い色を持ってくると部屋全体が暗くなってしまうので、ホワイトやベージュといった淡い色にしておいて、クッションや照明器具のシェードなど、広さを取らないアイテムにブルーやイエローなどのきれいな色を使うと、洗練された雰囲気になりますよ。

    北欧インテリアのキッチンコーディネートのポイントを紹介!

    北欧インテリアのキッチンコーディネートのポイントを紹介!

    キッチン家電や食器なども北欧テイストの小物でそろえると、楽しく料理ができる空間になります。

    水まわりなので、壁面は壁紙ではなくタイルにするといいでしょう。
    ホワイト系で清潔感を出してもいいですし、ブルーやイエロー・グリーン系の色でさわやかな雰囲気にするのもおすすめです。

    また、壁面を上手に活用しているのも、北欧テイストのキッチンインテリアのポイント。
    オープン棚を設けてしゃれたデザインの食器や調理器具・調味料などを並べると、小さなギャラリーのような雰囲気になっておしゃれです。

    北欧インテリアコーディネートへの道~ソファ編~

    北欧インテリアコーディネートへの道~ソファ編~

    北欧テイストのインテリアで中心的な存在となるソファは、色と素材の組み合わせが大きなポイントです。

    張地(生地)は布製で、フレームや脚部分・ひじかけの部分などが木製という組み合わせだと、北欧らしさがよく出ます。

    北欧インテリアの全体的なデザインはあまり凝ったものではなく、やや丸みがあってシンプルなもの。ファブリックの張地で仕上げてあるタイプが主流です。

    張地の色は、ベージュやブラウン・ブルーが多く見られます。落ち着いたトーンの色を選ぶと空間全体のバランスを保ちやすくなるでしょう。

    北欧インテリアコーディネートへの道~カーテン編~

    北欧インテリアコーディネートへの道~カーテン編~

    北欧テイストのインテリアで使うカーテンは、無地のドレープが基本です。少しアクセントを出したい時は、自然をモチーフとした柄や幾何学模様の生地を選ぶと、また違った北欧テイストの雰囲気が出ます。

    無地のドレープカーテンは、ホワイトやベージュ以外にグリーンやブルーといった色を使うと北欧テイストらしさを出すことができますし、ラグやクッションなど他のファブリックアイテムともカラーバランスが取りやすいです。

    両サイドに開くカーテンスタイルが一般的ですが、生地を窓の上部にコードで引っ張り上げていくシェードスタイルもおしゃれ。
    同じ生地を使い、掃き出し窓をカーテン、腰高窓はシェードにすると、個性的でおしゃれな窓まわりを演出できますよ。

    北欧インテリアコーディネートへの道~照明編~

    北欧インテリアコーディネートへの道~照明編~

    北欧テイストのインテリアに欠かせないのは、天井から吊り下げるペンダントライトです。

    大きめサイズのランプをダイニングテーブルの真ん中に合わせて吊り下げたり、オープンキッチンの前に小さめのランプを3~4個並べて吊り下げたりすると、北欧テイストにフィットします。
    テーブルやソファといった家具類をすべてシンプルなデザインにしつつ、凝ったデザインの照明器具を吊り下げるという組み合わせは、メリハリが利いてセンスの良さを感じさせます。

    基本的には電球色と呼ばれるオレンジの明かりを出す照明器具を使うと、北欧テイストの魅力が高まり、おすすめです。

    北欧インテリアコーディネートへの道~時計編~

    北欧インテリアコーディネートへの道~時計編~

    北欧テイストのインテリアを用いる場合は、シンプルなデザインの壁掛け時計を掛けるパターンが多く見られます。
    白やベージュといった色の木製フレームで文字盤がシンプルなタイプだと部屋全体の雰囲気に合わせやすくなります。

    フォルムは柔らかい印象の丸型がおすすめ。すっきりとした印象の長方形や正方形でもいいでしょう。

    北欧インテリアコーディネートへの道~ポスター・絵編~

    北欧インテリアコーディネートへの道~ポスター・絵編~

    部屋全体のアクセントを加えるには、壁面にポスターや絵を飾ると、とてもおしゃれな雰囲気になります。
    サイズに関係なくお気に入りの絵を飾ることで、壁面が華やかに演出できるでしょう。

    動物や植物をモチーフとしたデザインの絵や、幾何学模様・アルファベットを並べたデザインも人気です。
    たくさんの柄が描かれているものよりも、1、2つのものをモチーフにして描き、余白があるタイプだと、来客に洗練された印象を与えてくれるでしょう。

    まとめ

    根強い人気を誇る北欧テイストのインテリアは、もともと自然素材を使う和の空間で過ごしてきた私たち日本人にとってはなじみが深く、コーディネートしやすい素材だと言えます。

    この記事を参考に、お気に入りの北欧インテリアをぜひ楽しんでみてくださいね。

    この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

    執筆: くらしと編集部

    記事内で紹介している商品

    関連記事

    人気記事

      紹介している商品を見る

      記事内で紹介している商品