小学校中・高学年女子の「自分部屋」。ベッドやインテリアの選び方

小学校中・高学年女子の「自分部屋」。ベッドやインテリアの選び方

2018/12/18

そろそろ自分の部屋が欲しくなる小学校の中・高学年。特に女の子は自分の好みやこだわりを持ち始め、自立の意欲も芽生えてくる頃です。一人部屋のレイアウトやインテリアはどんなものを揃えればいい?おすすめの家具やベッドを紹介します。

目次

    子供のための「自分部屋」、いつから与えるのがいい?レイアウトは?

    子供のための「自分部屋」、いつから与えるのがいい?レイアウトは?

    小学校の低学年の頃は食卓やリビングでリビング学習していた子どもも、中・高学年になるといわゆる思春期の入口に。
    このタイミングに合わせて、プライバシーを確保できる「自分の部屋」を与え自立の精神を後押しする家庭も少なくないようです。
    これから次第に大人っぽくなっていくお子さんの子供部屋を、レイアウトやインテリアとともに考えてみませんか。

    一人寝できない子も、小学校中・高学年が自分の部屋を持つタイミング

    一人寝できない子も、小学校中・高学年が自分の部屋を持つタイミング

    園児や小学生の子どもをもつママたちが、少なからず頭を悩ます問題が、「うちの子、いつから一人寝をさせるべき?」というタイミングでしょう。
    もちろん、親の方針やその子の個性で、幼い頃から一人で寝る習慣ができている子もいれば、高学年になっても子供部屋で寝るのを嫌がり、「川」の字や親のそばで眠る子もいます。
    「小学校高学年なのに、一人で寝るのは怖い、一緒に寝たいとくっついてくるんです」と困り顔のママ。
    「お姉ちゃんは一人で寝られたのに、妹の方は夜になると親離れができなくて…」とこぼすママ。
    そろそろ一人寝してくれないとママの方が寝不足でストレスがたまりますよね。

    親離れの遅い子には、これからを考えた大人用ベッドがオススメ

    親離れの遅い子には、これからを考えた大人用ベッドがオススメ

    「いつから一人寝?」は個人差が大きく、家族の価値観や住宅事情もからんで一概には答えが出せない問題です。
    とはいえ、お子さんが思春期を迎える小学校中・高学年は、ひとつの自立の節目。特に女の子の場合は、自我や自立心が芽生えるのが男に比べて早い傾向が見られます。
    そこで提案。
    ちょっと背伸びして、お子さんに大人サイズのベッドを買い与えてはどうでしょう。いわば環境を整えることで、本人に自立する年頃なのだと自覚させるのです。

    上質なベッドは、子どもにとって自分の「お城」

    上質なベッドは、子どもにとって自分の「お城」

    今まで使ってきたベッドには、シールが貼られていたり、キズがあったり、子ども時代の名残がいっぱい。
    それに比べて、洗練されたデザイン、よい材質を使ったベッドは、女の子の心にひそむあこがれの世界を刺激してくれます。
    ママに向かっていた今までの幼い気持ちから、自分自身の将来の夢や物語、空想のワクワク感へとスイッチする効果が絶大。
    上質なベッドは、これからの少女期・思春期から様々な経験を経て大人になっていくわが子が、心と体を休め、新しい朝を迎えるための、かけがえのない「お城」になってくれるでしょう。

    デザイン?使い勝手?親の目と子どもの感性で選ぶベッドとインテリア

    これから中学生、高校生、さらにはその先へ、長い期間にわたって使う自分の部屋とベッドや家具。流行や自分の好みも敏感に変化する年頃だけに、インテリアにも興味が広がっていろいろ目移りもするはず。
    そこで親子で、始めに一定のルールを決めておいてはどうでしょう。たとえば、木にたとえれば「幹」となる長く使うベッドや基本の家具は、親の目で予算を考え合わせ、飽きのこないデザインや上質な素材を選ぶ。
    その代わり、「枝葉」になるシーツ類やベッドカバー、クッションなど手軽に変化がつけやすいファブリックは、子ども自身が好きな色や柄で決める。
    大人の目と子どもの感性の両方を上手にミックスして、子供部屋をバージョンアップしながら、いいものを長く大切に使う知恵を育むチャンスにしませんか。

    良いベッド、良い家具を大切に使う感覚を養いたい

    女の子の部屋は、勉強と眠るだけでなく、その子らしい時間を過ごす場。手作りが好きな子、マンガを描くのに夢中な子、ゲームに熱中する子……。
    ときには友だちと一緒に遊んだり、おしゃべりしたり。
    いろんな場面にしっくりなじんでくれるのが、パイン材を用いたハンドメイド感やアンティーク感のあるベッドと、家具です。
    特にメンテナンスを施すことで、味のある風合いや表情に変化していく家具は、思い出もしみ込み、愛着感もひとしお。
    大切にすることで共に育つ喜びを教えてあげられたら、素敵ですね。

    フレンチカントリーテイストでかわいい白い木製ベッド。
    パインの無垢材だから、ハンドメイド感もあり、大人になっても愛用できます。

    フレンチカントリーテイストでかわいい白い木製ベッド。 パインの無垢材だから、ハンドメイド感もあり、大人になっても愛用できます。

    -nora. mam- 宮付きベッドフレーム クロッカス シングル( ホワイトナチュラル)

      木のベッドのある寝室を居心地よくする、木を活かしたおしゃれなインテリア

      木のベッドのある寝室を居心地よくする、木を活かしたおしゃれなインテリア

      オススメは使い込む喜びのあるかわいいデスク。

      オススメは使い込む喜びのあるかわいいデスク。

      -nora. mam- ラックデスク サフラン( ホワイトナチュラル)

        軽いパイン材、手入れをする楽しみも。おしゃれなイス

        軽いパイン材、手入れをする楽しみも。おしゃれなイス

        -nora. mam- スツール チョークチェア( ホワイトナチュラル)

          この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

          執筆: くらしと編集部

          記事内で紹介している商品

          関連記事

          人気記事

            紹介している商品を見る

            記事内で紹介している商品