朝食にオススメ!お取り寄せハムを使った栄養満点ホットサンドレシピ

朝食にオススメ!お取り寄せハムを使った栄養満点ホットサンドレシピ

2019/01/04

朝ごはんは一日を支える重要なエネルギー源。忙しい朝でもきちんと取りたいものです。そこで、簡単に作れて食べやすい、栄養の詰まったホットサンドがオススメ。今回は、ボリューム満点のロースハムを使ったホットサンド3種類をご紹介します。

目次

    朝食にピッタリのお取り寄せハム! 軽井沢熟成ロースハム

    朝食にピッタリのお取り寄せハム! 軽井沢熟成ロースハム

    朝ごはんは一日を支える重要なエネルギー源。
    忙しい朝でもきちんと取りたいものです。
    そこで、簡単に作れて食べやすい、栄養の詰まったホットサンドがオススメ。
    今回は、ボリューム満点のロースハムを使って、朝食にピッタリのオープンサンド・ホットプレスサンド・トーストサンドを3品ご紹介します。

      最後までおいしく! ブロックハムの上手な保存方法

      最後までおいしく! ブロックハムの上手な保存方法

      本場ドイツ伝統の味を受け継ぎながら、日本人の味覚に合うよう仕上げた
      「軽井沢熟成ロースハム」は、信州の澄んだ空気と清らかな水で作られたこだわりの一品です。
      また、国が定めた「JAS法」に基づき品質と製法が保証されています。
      7日間以上、低温で長時間熟成することで、豚肉のたんぱく質や脂肪の一部が分解されて、旨味や風味が生まれます。
      朝の忙しい時間でも、ハムの芳醇な味わいが”優雅なひととき”を感じさせてくれます。

      風味と旨みを丸ごと楽しめるブロックハムですが、一度に使いきれない時は、小分けにして冷凍保存しておくと良いでしょう。
      食べる時は、食べたい分だけ冷蔵庫でゆっくり解凍すれば、加熱調理なしでおいしくいただけます。

      ハムをおいしく冷凍保存するためのポイントは、「清潔に保つ」「空気に触れさせない」「急速冷凍」の3つ。
      使いやすいサイズにスライスしてラップでしっかり包んだら、なるべく空気を抜いてフリーザーバッグに入れ、2重にブロック。
      冷凍するときは重ねず、薄く平らに並べて、全体の温度を素早く均等に下げることが大切です。
      このように冷凍保存することで、雑菌の繁殖と冷凍やけを防ぐとともに、ハムの水分が凍って細胞が壊れにくくなり、おいしさを保つことができます。

      ロースハムを使った栄養満点朝食サンド3選

      1. Wたんぱく質で元気をチャージ! ハムエッグオープンサンド

      ロースハムを使った栄養満点朝食サンド3選 1. Wたんぱく質で元気をチャージ! ハムエッグオープンサンド

      ハムの原料となっている豚肉には、血液や筋肉を作る良質たんぱく質や必須アミノ酸、疲れをとるビタミンB1など、体に大切な栄養素がぎゅっと詰まっています。
      そこで、忙しい朝でも手軽にたんぱく質をプラスできる、ハムを使った朝食にピッタリな3種類のホットサンドをご紹介します。
      さらに一緒に食べることで、相乗効果が期待できる食材もチェック! 

      2. カルシウムをプラス! ハム&チーズのホットプレスサンド

      2. カルシウムをプラス! ハム&チーズのホットプレスサンド

      今も昔も定番コンビのハムと卵は、ともにたんぱく質と必須アミノ酸が豊富な食材です。
      たんぱく質は寝ている間に下がった体温を上げ、エネルギー消費をスムーズにしてくれる救世主。
      ハムと卵の相乗効果で、目覚めを強力にサポートしてくれます。
      また、ハムに含まれるビタミンB1は、タマネギと一緒に食べると、より効果的に吸収されます。


      <レシピ(2人分)> 食パン(4~6枚切り):2枚
      ハム:2枚
      卵:2個
      キャベツ:2枚
      タマネギ:1/4個
      ミニトマト:4個
      イタリアンパセリ:適宜
      オイル・塩・黒コショウ:少々

      <作り方>
      (1)食パンをトースターまたはグリルでこんがりトーストしておく。
      (2)フライパンにオイル少々を加え、弱火で加熱。ハムをのせ、途中返して2分ほどソテーする。
      ※ビタミンB1は熱に弱いので、弱火から中火でじっくり焼くのがポイントです。
      (3)別のフライパンにオイル少々を加え、強火で加熱。卵を割り入れて弱火にし、蓋はせずに3~5分ほど焼く。黄身が好みの硬さになったら(1)、(2)を器に盛り付けます。
      (4)キャベツは細切りに、タマネギはみじん切りにし、ボウルに入れる。塩でもんで4~5分おく。
      (5)水分が出てきたら、汁気を絞る。ミニトマトと一緒に(2)に添える。黒コショウをふり、お好みで刻んだイタリアンパセリを散らす。

      3. 美肌効果も!? ハム&にんじんマリネのトーストサンド

      3. 美肌効果も!? ハム&にんじんマリネのトーストサンド

      ハムに不足しているカルシウムやマグネシウムなどの栄養素を補うために、チーズやゴマ、しらす、干しエビなどを加えることをオススメします。
      チーズをはさんでホットプレスサンドにすれば、とろ~り溶けるチーズが楽しめます。
      各種ビタミンをバランスよく摂れるベビーリーフを添えて、おいしさも栄養バランスも兼ね合わせた朝食に。
      ハムを少し厚めにカットすれば、食べ応えも十分です。


      <レシピ(2人分)> 食パン(8枚切り):4枚
      ハム:2枚
      スライスチーズ:2枚
      ベビーリーフ:1パック
      オリーブオイル:大さじ1
      塩・黒コショウ:各少々

      <作り方>
      (1)ホットサンドメーカーに食パン、ハム、チーズ、食パンの順に挟むようにのせ、プレスの蓋を閉めて3分ほど焼く。
      (2)焼きあがったら食べやすい大きさにカットし、器に盛り付ける。
      (3)ベビーリーフにオリーブオイル・塩・黒コショウを混ぜ、ホットプレスサンドに添える。

      かぼちゃ、さつまいも、とうもろこし・にんじんなど糖質が多い野菜は、
      ハムに含まれるビタミンB2の抗酸化作用を高めてくれます。
      一緒に食べることで、美肌効果や老化予防、脳のはたらきをよくする効果も期待できると言われています。
      マリネは、野菜のシャキシャキの食感を楽しむため、長時間冷蔵庫で染み込ませず、さっと和えるだけ。
      さっぱりしたマリネが、ハムの旨味と相性抜群です。


      <レシピ(2人分)> 食パン(8枚切り):4枚
      ハム:2枚
      にんじん:小1本
      塩:小さじ1/2
      A オリーブオイル:大さじ1
      A レモン果汁:小さじ1
      レタス:2枚
      マヨネーズ:大さじ1

      <作り方>
      (1)食パンをトースターまたはグリルでこんがりトーストしておく。
      (2)にんじんを細切りにし、塩でもんで4~5分おく。水分が出てきたら、汁気を絞ってAを混ぜる。レタスは食べやすい大きさに手でちぎる。
      (3)(1)の内側にマヨネーズを薄く塗り、レタス、ハム、(2)の順にのせて挟んだら、食べやすい大きさにカットする。

      手軽に栄養バランスの摂れた朝食習慣を

      朝食は、体を眠りから活動モードに切り替える大切な習慣です。
      とはいえ、忙しい朝は、簡単に調理できるものが嬉しいですよね。
      そんな時は、ボリュームたっぷりのハムを使ったホットサンドで、手軽に栄養バランスのとれた朝食を楽しみましょう。

      この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

      執筆: くらしと編集部

      記事内で紹介している商品

      関連記事

      人気記事

        紹介している商品を見る

        記事内で紹介している商品