【2019年春版】お花見がいつもよりも楽しくなる!お花見に持っていきたいおすすめの持ち物・スポットのまとめ

【2019年春版】お花見がいつもよりも楽しくなる!お花見に持っていきたいおすすめの持ち物・スポットのまとめ

2019/04/02

寒い冬が終わり、少しずつ暖かくなってきたらお花見のシーズンが到来します。いつも同じ場所に行っている、という方向けに、都内にあるおすすめのお花見スポットをご紹介! あわせて、お花見に持って行くと便利なアイテムも提案します。準備をしっかり済ませて、楽しいお花見を過ごしてくださいね。

目次

    「くらしと」がおすすめするお花見スポット【都内編】

    「くらしと」がおすすめするお花見スポット【都内編】

    都内にはたくさんの桜の名所があります。その中から、特におすすめしたいスポットを厳選して6か所紹介します。

    新宿御苑

    高層ビルを背に満開に咲く桜を楽しめる新宿御苑。約65種類、1000本もの桜が咲き誇り、長い期間桜を楽しむことができるスポットです。
    駅からのアクセスもとても良好。日本庭園のほか、イギリス、フランス式の庭園があり、雰囲気の異なる風情ある空間を楽しめます。

    代々木公園

    ソメイヨシノやサトザクラなど、約700本の桜を楽しめるスポットです。
    中央広場では、桜を楽しみながら芝生の上でお弁当を広げたり、寝転んで一休みしたりと、ゆったりとした時間の流れを楽しめるでしょう。

    上野恩賜公園

    江戸時代から花見の名所として知られる由緒正しきお花見スポット。
    公園内の中通りを中心に、約800本もの桜を楽しむことができます。近くに動物園や博物館もあるので、お子さんと一緒に立ち寄ってみるのも良いでしょう。

    井の頭恩賜公園

    さくら名所100選に選出されている、言わずと知れたお花見スポットです。
    駅から徒歩数分で着く公園内には、約500本の桜がずらり。ボートに乗り、池の上からお花見が楽しめるのがこの公園の特徴です。

    隅田公園

    8代将軍として知られる徳川吉宗が桜を植えたのが起源とされる歴史あるスポット。
    900本以上の桜を楽しむことができます。隅田川やスカイツリーとともに桜を楽しめる、人気スポットです。

    千鳥ヶ淵公園

    皇居の西側に位置する千鳥ヶ淵と英国大使館の間にある公園です。
    ソメイヨシノをはじめとした約170本の桜を楽しめます。千鳥ヶ淵公園の最大の特徴は川が流れていること。水面に映し出される桜の姿は風情があります。

    お花見に持っていきたい便利なグッズ:ランチタイム編

    お花見に持っていきたい便利なグッズ:ランチタイム編

    お花見で欠かせないのがお弁当ですよね。すてきなランチタイムを彩るおすすめアイテムをご紹介します。

    ファミリーフレッシュランチボックス レッド DJF-2800_R

    ファミリーフレッシュランチボックス レッド DJF-2800_R

    こちらのお弁当箱はすっきり収まるサイズ感の良さがポイント。
    カラフルな容器はフタがしっかり閉まるので、汁漏れの心配もいりません。
    大きな950mlの容器には仕切り付き、フタははお皿としても使用できる優れものです。

      ホワイトシリーズ レクタングル深型S 密閉蓋付 ホワイト WFM-S

      ホワイトシリーズ レクタングル深型S 密閉蓋付 ホワイト WFM-S

      長年愛され続けている野田琺瑯。老舗ブランドの琺瑯(ほうろう)はお弁当箱に使うのがトレンド。
      無駄な装飾を省いた白い容器は、おかずを美しく見せてくれます。
      ほど良い重みがあり、風で飛ばされる心配のない、しっかりとした容器です。

        アカシア カフェプレート スクエアL AA-014NT

        アカシア カフェプレート スクエアL AA-014NT

        ピクニック気分を盛り上げたいなら、紙皿ではなく、おしゃれなウッドプレートを使うのもいいでしょう。
        お弁当を取り分けるのはもちろん、クラッカーやお菓子を並べるのもおすすめ。
        ワックスペーパーを1枚プラスすればおしゃれなお花見ランチが楽しめます。

          KINTOトラベルタンブラー 500ml (ブラック) 20946

          KINTOトラベルタンブラー 500ml (ブラック) 20946

          マットな質感がおしゃれな、たっぷり500ml入る優れもののタンブラー。
          そのまま使うのはもちろん、ステッカーを貼ってオリジナルデザインを楽しむのもいいですね。
          味噌汁やスープを入れて、ワンランク上のランチタイムを楽しみましょう。

            Bamboo 膳テーブル 5033

            Bamboo 膳テーブル 5033

            レジャーシートの上にお弁当やコップを置くとこぼすのが心配になるもの。
            こちらは温もりのある竹素材がナチュラルな印象を与えるローテーブルです。
            側面にふちが付いているので、簡単には落ちません。
            脚は折り畳むことができるので、荷物が多くなりがちなレジャーシーンに活躍します。

              お花見に持っていきたい便利なグッズ:リラックスタイム編

              お花見に持っていきたい便利なグッズ:リラックスタイム編

              満開の桜を楽しめるお花見。いつもとは違う空気の中、お昼寝したり、ボール遊びやバドミントンを楽しんだりと、桜が咲き誇る立地ならではの楽しみがあるのもお花見の醍醐味でしょう。
              ここではよりリラックスして過ごすためのおすすめアイテムをご紹介します。

              コンパクトバケットチェアXL(カモフラ)

              コンパクトバケットチェアXL(カモフラ)

              レジャーシートの上にずっと座っているとお尻や腰が痛くなるもの。
              そんな時はアウトドア用のイスを1脚持って行けば、お尻や腰を痛める心配はありません。
              コンパクトに折り畳めるので、持ち運びも便利です。

                mofua natural 肌にやさしい綿ブランケット(動物柄) ハーフサイズ ゾウ 55601413

                mofua natural 肌にやさしい綿ブランケット(動物柄) ハーフサイズ ゾウ 55601413

                外で過ごすお花見は気温に左右されがち。
                季節の変わり目でもあり、その日によって肌寒かったり、暑かったりと、現地に行ってみないと分からないのがネックです。
                そんなときはブランケットが役立ちます。気温調節のためにはもちろん、ちょっとお昼寝したいときに、さっとかけられるものがあると便利ですね。

                  【カメラスリング】優しい肌触りのカメラ用ネック/ショルダーストラップ Mサイズ (ウォーターカラー/エメラルド) SCSM-01

                  【カメラスリング】優しい肌触りのカメラ用ネック/ショルダーストラップ Mサイズ (ウォーターカラー/エメラルド) SCSM-01

                  荷物が多くなりがちなお花見。たくさんの荷物の中からすぐにカメラを取り出さなければ、きれいな景色や楽しそうに過ごす家族、友人の姿を写真に収めることはできません。
                  こちらのショルダーストラップは「本物感」が出ないのがうれしいポイント。首からかければスカーフ代わりになるので、おしゃれにカメラを管理できます。

                    まとめ

                    お花見を思う存分楽しみたいなら、事前準備が大切です。

                    ・都内にはたくさんのお花見スポットがあります。
                    ・ランチタイムには小さなテーブルを持って行くと便利です。
                    ・イスやブランケットを持って行くと、地面が凸凹していたり、肌寒かったりしても快適に過ごせます。

                    今回ご紹介したスポットやアイテムを参考に、お花見を存分に楽しんでくださいね。

                    この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

                    執筆: くらしと編集部

                    記事内で紹介している商品

                    関連記事

                    人気記事

                      紹介している商品を見る

                      記事内で紹介している商品