「お花のある暮らし」を手軽に始めよう!お部屋に癒しと華やぎを

「お花のある暮らし」を手軽に始めよう!お部屋に癒しと華やぎを

2019/06/23

お部屋にお花を飾っていますか?お花が一輪あるだけで、お部屋が華やかになったり、心が癒やされたりするものですよ。買いに行ったり手入れしたりするのは面倒だな……という方でも大丈夫。暮らしにお花を取り入れるための、具体的なアイデアをご紹介します。「お花のある暮らし」を手軽に始めましょう!

目次

    お花のある暮らしを始めよう

    お花のある暮らしを始めよう

    色鮮やかで可憐な花は、生活に華やかさや季節感を添えてくれるもの。お花のある暮らしは、心に余裕や安らぎをもたらしてくれます。
    まずは、日常的にお花を楽しむためのポイントを、6つご紹介します。

    (1)「一輪挿し」から手軽にスタート

    一輪挿しに好きなお花を一輪飾るだけでも、お部屋がぱっと華やかになります。買ってきたものではなく、野原でつんできたお花でも大丈夫。難しくアレンジしなくても、気軽にお花を楽しめます。

    (2)花瓶以外の器を使って飾る

    手持ちの花瓶がなくても、お家にある器で代用できます。お皿やグラスはもちろん、最近ではビーカーやフラスコといった理化学用ガラスも人気です。デザインがかわいい空き瓶や空き缶、バケツなどにお花を飾るのもナチュラルな雰囲気で素敵です。

    (3)フラワーアレンジメントを楽しむ

    水を含ませた土台に花をバランスよく生けた「フラワーアレンジメント」なら、花瓶に移し替える必要がなく、買ってきてすぐに飾れます。好きな花や雰囲気、予算を伝えれば、お花屋さんで作ってもらえますよ。

    (4)元気がなくなってきた花はフローティングで長く楽しむ

    しばらく飾ってしおれてきたお花は、茎から切り落として水に浮かべ、「フローティングフラワー」として楽しみましょう。浅めの器に水を張って花を浮かべれば完成するので、難しい技術は必要ありません。

    (5)鉢植えで季節の花を育てる

    鉢植えだと、切り花よりも長く花の時期を楽しめます。すでに植え付けられているものを買ってくるほかに、種や球根から育てる方法もあります。種類によっては、翌年以降も、季節がめぐるたびに花をつけるものもあります。

    (6)手入れが手軽なプリザーブドフラワーやハーバリウムを飾る

    「プリザーブドフラワー」は、生花に特殊な加工を施したもの。枯れることがなく、水を与える必要がありません。長ければ5年以上、美しい姿を保ちます。

    「ハーバリウム」は、プリザーブドフラワーやドライフラワーをガラスボトルなどに入れて、オイルを封入したもの。生花とはまた違う透明感やみずみずしさを楽しめるインテリアとして、近年注目されています。

    定期的にお花が届くサービスを利用する方法も

    定期的にお花が届くサービスを利用する方法も

    定期的にお花を宅配してくれるサービスを利用すると、小まめに買いに行かなくても、旬の花を飾れます。センスよくお花を選ぶ自信がない、という方にもぴったりです。いくつかサービスをピックアップしたので、参考にしてくださいね。

    ●FLOWER
    https://flowr.is/

    隔週でお花を配達してくれるサービス。季節やトレンドに合わせた2種類の花から好きな方を選べます。お花は、専用BOXに入ってポストに届き、配達状況をアプリで確認できます。

    【プラン/料金】
    1輪プラン/無料
    ブーケプラン/1配送500円(税別)
    【送料】
    360円(税別)
    【頻度】
    隔週


    ●LIFULL FLOWER
    https://flower.lifull.jp/

    プロが選んだ季節の花が、定期的に届くサービス。自分で生けるプラン(ライトプラン・セルフアレンジプラン)と、花瓶や水換えが不要なプラン(スタンダードプラン)があります。

    【プラン・料金】
    ライトプラン:1配送780円(税別)
    セルフアレンジプラン:1配送1,780円~(税別)
    スタンダードプラン:1配送1,980円
    【送料】
    無料
    【頻度】
    月1回~週1回(プランによる)


    ●medelu
    https://www.medelu.flowers/

    一般的なお花屋さんの数十倍にあたる、年間約5,000種類のお花を取り扱う定期便サービス。オーダーを受けてから仕入れた、新鮮なお花が届きます。

    【プラン・料金】
    Liteコース:780円(税別)
    Basicコース:1,980円(税別)
    【送料】
    無料
    【頻度】
    毎週


    ●Bloomee LIFE
    https://bloomeelife.com/

    女性ファッション誌など、多くのメディアに取り上げられたサービス。全国60店舗のお花屋さんから、季節のお花のアレンジが届きます。お花の種類はランダムです。

    【プラン・料金】
    体験プラン:500円
    レギュラープラン:800円
    プレミアムプラン:1,200円
    【送料】
    250円~500円(プランによる)
    【頻度】
    毎週


    ●Pure flower
    http://pure-flower.com/

    月に2回、旬のお花の花束が届くサービスです。Pure flowerの専門スタッフが、玄関先まで届けてくれます。留守でも置いて行ってくれるので、忙しくても安心です。

    【プラン・料金】
    お花の定期便:1束900円
    【送料】
    無料
    【頻度】
    月2回

    お花のある暮らしはこんなに華やか!

    お花のある暮らしはこんなに華やか!

    ここからは、生活の中に上手にお花を取り入れている、実例をご紹介します。真似したくなるアレンジばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね。

    (1)一輪挿しならさりげなくかわいい

    (1)一輪挿しならさりげなくかわいい
    引用: www.instagram.com(@rndrps_m23)

    鮮やかなピンクのラナンキュラスを小さな一輪挿しに生けてあります。ヴィヴィッドな色味の花だと、一輪でも目を引きますね。個性的な柄のクロスとも好相性です。小さなスペースにも飾れるので、住まいにさりげなく彩りをプラスできますね。

    (2)ブーケを飾ればいつものお部屋が一気に華やぐ

    (2)ブーケを飾ればいつものお部屋が一気に華やぐ
    引用: www.instagram.com(@moriy.y)

    チューリップやラナンキュラス、スイートピーなど、柔らかな色彩の春の花を、ブーケにまとめて生けた例。たくさんの花が集まると、とても華やかです。野の花であるナズナや花器代わりのバケツも、ナチュラルな雰囲気で素敵ですね。

    (3)花瓶にキチンと飾ると特別感たっぷり

    (3)花瓶にキチンと飾ると特別感たっぷり
    引用: www.instagram.com(@piaget.rose)

    ロマンチックなピンクのバラを大きな花瓶にたくさん生けて、テーブルに飾っています。ぜいたくなアレンジは、おもてなしの席にもぴったりですね。多くの花を生けるときはグリーンもバランスよく配置すると、落ち着いた雰囲気になります。

    (4)フローティングフラワーで爽やかに

    (4)フローティングフラワーで爽やかに
    引用: www.instagram.com(@lala.waltz_)

    パンジーやビオラがメインのフローティングフラワーです。透明の器と、お花の鮮やかなブルーやイエローの組み合わせがさわやかですね。パンジー・ヴィオラは春の花壇の定番ですが、切り花にするとまた違う印象を楽しめます。

    (5)ハーバリウムならお世話いらず

    (5)ハーバリウムならお世話いらず
    引用: www.instagram.com(@konoka0316)

    オレンジやイエローの花を小瓶に閉じ込めた、ナチュラルな雰囲気のハーバリウムです。白壁のニッチ棚(堀込み式飾り棚)や、フレンチカントリー調の小物と相性ぴったり。見るたびに癒されるスペースになっていますね。

    (6)水栽培で「育てる」も楽しむ

    (6)水栽培で「育てる」も楽しむ
    引用: www.instagram.com(@hiromi9664)

    水栽培(水耕栽培)も、最近注目のお花の楽しみ方です。写真のヒヤシンスは、花だけでなく葉や球根、根までみずみずしくて、毎日の成長ぶりを確かめるのが楽しくなりそうですね。アンティーク風の器やラベルもセンスが良くて素敵です。

    まとめ

    お花のある暮らしの楽しみ方をおさらいしましょう。

    ・お花は一輪から気楽に飾れます
    ・宅配サービスを利用すると手軽にいろいろなお花が楽しめます
    ・水栽培やプリザーブドフラワーやハーバリウムを飾るのも、かんたんでおすすめ

    気分やシーンに合わせたお花を飾って、華やかな雰囲気を楽しんでくださいね!

    植物に興味のあるあなたにおすすめの関連記事

    観葉植物や水耕栽培などグリーンに関する記事を集めました。
    植物で自宅を賑やかにしたいという方はぜひ参考にしてくださいね。


    【関連記事】観葉植物をおしゃれに楽しむコツの記事はこちら

    【関連記事】水耕栽培に挑戦している方々のアイデアを紹介の記事はこちら

    【関連記事】観葉植物などを吊るすだけ!ハイセンスな空間作りの記事はこちら

    この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

    執筆: くらしと編集部

    記事内で紹介している商品

    関連記事

    人気記事

      紹介している商品を見る

      記事内で紹介している商品