統一感が出るボックス収納事例!リビングにおすすめのボックス収納

統一感が出るボックス収納事例!リビングにおすすめのボックス収納

2019/04/10

「毎日掃除しているはずなのに、気付けばリビングが散らかっている……」そう悩む方も多いでしょう。すっきりとしたリビングを目指すなら細かい整理ルールを決めずに済むような収納がおすすめです。では、簡単にすっきりきれいに片づけるためにはどのような収納が向いているのでしょうか。今回は、ファイルボックスや紙製、ダンボール製のボックスを活用したボックス収納の事例をご紹介します。

目次

    ファイルボックスを並べてシンプルにまとめる

    ファイルボックスを並べてシンプルにまとめる
    引用: www.instagram.com(@yochiyochi_room)

    ファイルボックスは本来、書類をまとめて収納するために使うものですが、ファイルボックスは程良い幅があり、書類以外のものを片付けるときにも活用できます。
    シンプルなデザインで、クローゼットの中を整理するのに向いていることが写真からも分かりますね。

    ファイルボックスによる収納の鉄則は、棚の端から端まで同じものを並べること。滑らかな表面のファイルボックスを並べれば、真っ白な壁のように見せることもできます。
    高さのあるものはファイルボックス、そのほかのものは引き出しやバスケットに、と分けて入れると、すっきりと収納できます。

    引用: www.instagram.com(@nuko.p_)

    ファイルボックスは小分けにできるだけではなく、「目隠し効果」もあります。
    同じサイズ、同じ形、同じ色のファイルボックスを並べると、何をどこに入れたか分からなくなりそうですが、マスキングテープやラベルテープを貼ると、そうした悩みは解消します。
    すっきりとした景観はそのままに、一目見ただけで何がどこに入っているのか分かるでしょう。

    真っ白なファイルボックスを使えば、清潔感のある印象になりますね。

    おしゃれで定番な「バンカーズボックス」「フィッツケース」

    おしゃれで定番な「バンカーズボックス」「フィッツケース」
    引用: www.instagram.com(@uk__502)

    100年にわたり愛されているバンカーズボックス。
    ダンボールの耐久性はそのままに、デザイン性の高さを追求しています。スタンダードな白の無地柄に加え、木目調のものなど幅広いデザインが楽しめます。
    自分次第で幅広い組み合わせを生み出せるのもうれしいですね。

    引用: www.instagram.com(@act_e_p39)

    バンカーズボックスは、収納スペースに並べて使ってもいいですし見せる収納としても大活躍します。
    ダンボールを重ねてしまうと「引越しの片付けが終わっていないのかな?」と思われてしまうだけです。
    しかし、バンカーズボックスなら、積み上げていても品良くまとまります。

    引用: www.instagram.com(@nira_mama)

    奥行きのあるフィッツケースは収納力が抜群で、長年愛されているアイテムです。
    重ねて使える頑丈さが一番のメリット。サイズのバリエーションも豊富ですから、たくさん並べてもデッドスペースを作らずにスペースを有効活用できます。

    半透明のフィッツケースは中身がほどよく見えるので、片付けや取り出しに時間がかかりません。
    下からフィッツケースを重ねていき、上にバスケットを置く使い方も可能です。

    奥行きと幅の長さが同じタイプのフィッツケースです。トレーナーが6枚程度入るサイズ。
    収納力抜群のフィッツケースは、クローゼット収納の強い味方。くぼみが付いているので、たくさん重ねても安定感を保つことができます。

      ぴったり収まるサイズできちんと感を出す

      ぴったり収まるサイズできちんと感を出す
      引用: www.instagram.com(@ayumi_luxe)

      見せる収納の代表格と言えるアイテムがカラーボックスです。
      カラーボックスにそのまま物を入れるのではなく、カラーボックスと同じ幅の収納ボックスを並べれば、統一感が出せます。
      収納ボックスはホワイトだけではなく、色が付いたものにしてもいいでしょう。
      同じ色でまとめたり、差し色に異なるカラーの収納ボックスを加えたりと、工夫次第で印象を変えることができますね。

      ブラックならモードな空間も演出できる

      ブラックならモードな空間も演出できる
      引用: www.instagram.com(@tokiko.poi)

      紙製のボックスでも、色を変えるだけで高級感のある空間が完成します。
      落ち着きのあるダークカラーを使えば、チープにならず、モードな雰囲気を演出できます。

      ナチュラル派はカゴで決まり

      ナチュラル派はカゴで決まり
      引用: www.instagram.com(@kokkomacha)

      温もりのある空間をつくりたいなら、フローリングと色を合わせたカゴボックスを使うのが上級テクニック。ナチュラルな素材のかごを使えば、温かみのある空間に様変わり。
      フタのないカゴは出し入れしやすく、収納アイテムにぴったり。上から布をかけてあげれば良いアレンジになりますし「目隠し効果」にもなります。

      引用: www.instagram.com(@tomachia)

      カゴのトーンを変えるだけでより明るいムードに仕上がります。
      収納スペースによって入れられるカゴのサイズは異なりますが、カゴにはさまざまな種類があるので、ぴったり入るものがきっと見つかるはず。
      カゴ選びも楽しみながら収納スペースを作ることができそうです。

      まとめ

      収納ボックスを上手に使えば、物があふれていてもすっきり収納することができます。

      ・同じ色や同じ素材の収納ボックスを並べるだけで統一感のある収納ができます。
      ・細かいルールを作ってしまうと長続きしないので、生活の中心になるリビングはすっきり見せるボックス収納がおすすめです。

      今回ご紹介した活用術を参考に、収納ボックスをうまく活用してくださいね。

      この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

      執筆: くらしと編集部

      記事内で紹介している商品

      関連記事

      人気記事

        紹介している商品を見る

        記事内で紹介している商品