お風呂収納のコツは「空中収納」。ホテルみたいで掃除もラク!

お風呂収納のコツは「空中収納」。ホテルみたいで掃除もラク!

2019/05/04

お風呂は一日の疲れを癒やすものですから、バスルームはいつも清潔にしたいですよね。リラックスタイムのための場所だからこそ、おしゃれなインテリアにもこだわりたいもの。ホテルのようなお風呂にするために、おすすめなのが「空中収納」です。浴室をすっきり仕上げる空中収納の事例を紹介します。

目次

    お風呂収納アイデア1:掃除用具は吊るすのが基本

    お風呂収納アイデア1:掃除用具は吊るすのが基本
    引用: www.instagram.com(@cherryleaf0915)

    掃除用具はそのまま立てかけたり、カゴにまとめて入れてしまいがち。
    しかし、水分がたまると、ぬめりやカビが発生する原因になります。スポンジやブラシにカビが生えてしまうと、いくらていねいに掃除しても汚れは取れません。カビは一度生えてしまうと取り除くのが難しくなります。

    かといって、浴室の外で保管すると、また新たなスペースが必要になります。ほこりが付かないようにできれば浴室内で保管したいもの。

    そこで実践したいのが、「置く」収納ではなく「吊るす」収納です。

    タオルホルダーにS字フックを付けて、掃除用具を引っかければ、簡単にぶら下げることができます。

    接地面がなくなると、ぬめりやカビは出にくくなります。洗剤の入ったスプレーボトルも、スプレーのプッシュ部分を引っかければ上手に保管できるでしょう。

    お風呂収納アイデア2:ワイヤーラックですっきり収納

    お風呂収納アイデア2:ワイヤーラックですっきり収納
    引用: www.instagram.com(@ho_chami_me)

    ボディーソープやシャンプー、コンディショナーに洗顔フォーム。浴室で使うものはたくさんありますよね。
    パパはこれ、ママはこっち。子どもは……と、家族でそれぞれ使うアイテムを使い分けているならなおさら、置く場所を取りがちです。

    家族向けにおすすめなのが、ワイヤーラックを使う方法です。
    S字フックでタオルハンガーに引っかけたワイヤーラックの下にさらにS字フックを取り付けて、2つ目のラックをぶら下げます。こうすると縦のラインで収納でき、デッドスペースをうまく活用できます。

    備え付けの棚と異なり、水はけが良いのもポイント。掃除のときには底からブラシで軽くこすれば、水あかや石鹸カスなどの細かな汚れを取り除けます。S字フックで引っかけているだけなので、取り外して掃除ができるのもうれしいものです。

    ラックは同じカラー、同じ幅のものを選べば統一感が出ておすすめです。同じシリーズで、深さの異なるラックを選ぶと、統一感をそこなうことなくすっきりと収納できますよ。

    お風呂収納アイデア3:おしゃれなボトルを吊るして

    お風呂収納アイデア3:おしゃれなボトルを吊るして
    引用: www.instagram.com(@maicohome)

    ホテルのような高級感あふれる空間にしたいなら、収納方法はもちろん、アイテムも統一感を持たせることが大切です。同じボトル、同じラベルを使用すれば、ホテルのアメニティのようにシンプルながら高級感のあるムードを演出できるでしょう。

    せっかくおしゃれなボトルに詰め替えても、棚に並べて置いてしまうと、どうしても底がぬめりやすくなったり、雑多に見えてしまいます。タオルハンガーを活用してすべて吊るしてしまえば、接地面が一気に減るので簡単なお手入れだけで清潔な状態をキープできますね。

    お風呂収納アイデア4:パックごと吊るせば最後まで使える

    お風呂収納アイデア4:パックごと吊るせば最後まで使える
    引用: www.instagram.com(@k.home120)

    シャンプーやボディーソープがボトルに入っていると、使い切ることができず悩むことがあるでしょう。
    底に残ったシャンプーを手でかき出して使うべきなのか、新しいものを入れてしまうべきなのか分からず悩みがち。また、どんなに気を配ってもボトルの底がぬめりやすいというのデメリットでしょう。

    そんな悩みを解決してくれるのが、詰め替え用のパウチに入ったままの状態で使うという方法。
    詰め替え用パウチを逆さにして、専用の注ぎ口を取り付けたら、専用のフックを取り付けて吊るします。最後までシャンプーを使い切ることができるだけではなく、使い終わったら容器を捨てることができるので、掃除の手間を省くことができます。

    お風呂収納アイデア5:おもちゃはネットを活用

    お風呂収納アイデア5:おもちゃはネットを活用
    引用: www.instagram.com(@harumama25)

    お子さんがいらっしゃるご家庭では、浴槽で遊べるおもちゃの収納に悩んでいる方も少なくないでしょう。
    おもちゃを備え付けの棚に置いたり、洗面器の中に入れておいたりするのはNG。おもちゃと棚や洗面器の底との接着面に水がたまりカビの原因になってしまいます。

    お子さんが使うものだからこそ、できるだけ清潔な状態で管理したいですよね。お風呂場でおもちゃを収納するときのコツは通気性を良くすること。ラックを使ってもいいですが、より便利なアイテムがネットです。

    換気扇や浴室乾燥機の近くにぶら下げれば、すぐに乾き、カビの発生予防効果も期待できそうです。ネットごとアルコールスプレーをかければ簡単に除菌対策もできるので便利です。

    まとめ

    お風呂の収納で大切なことはモノと床や棚との接地面を少なくすることです。

    ・「お風呂の収納=棚に置く」という考えを変えましょう。収納の幅が広がります。
    ・空間をうまく使えば、省スペースで収納できるだけではなく、接地面が狭くなり、ぬめりやカビ防止に役立ちます。
    ・ホテルのような雰囲気を作りたいなら、ボトルを変えれば簡単にムードが出せます。

    今回ご紹介したアイデアを参考に、快適な空間づくりを目指してくださいね。

    この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

    執筆: くらしと編集部

    記事内で紹介している商品

    関連記事

    人気記事

      紹介している商品を見る

      記事内で紹介している商品