ライフ

すっきりきれいなキッチン収納実例集!キッチン収納術のアイデアベスト6

キッチン収納のお悩み、解決します!

美味しいご飯を作るぞ!と意気込んで買った調味料が手付かずで眠っていたり、凝った料理道具が引き出しに入ったままだったり。キッチンは、なにかとモノが多い場所、気がつけば、食器から割りばし・ストローなど、細々としたモノまで、「とりあえず」置いていませんか?
料理のモチベーションをキープするためにも、使いたい道具や食器がすぐに見つかるキッチン収納を目指したいもの。今回は、そんなお悩みを解決してくれる、すっきりきれいなキッチン収納術をご紹介します。スペースを賢く使って、時短で料理できる快適なキッチンを目指そう!


キッチンの引き出しすっきり収納術

キッチンの引き出しは、カトラリーをはじめ、細々としたモノを入れる場所。お箸やキッチンバサミ、ピーラーなど長さや形が違うモノが集まるので、どうしてもごちゃごちゃしがち。

整理しにくい引き出しは、スペースを区切って使うのがポイント。引き出しを簡単に仕切れるアイテムといえば、ボックストレー。スプーンやナイフなどのカトラリーを種類ごとに入れられ、見た目もすっきりときれいに収納できます。

さらに、引き出しの高さに余裕があれば調味料を入れるのもオススメです。調味料ケースを統一するだけで、開けた時にきれいに見えてすっきり。すぐに必要な調味料を取り出せて便利です。

また、大き目の引き出しには、空き箱やファイルケースを使って、しまいやすく取り出しやすい工夫を。空き箱には洗剤を入れ、ファイルケースには小さめの鍋やフライパン、鍋ぶたなどを収納。これで、どこに何があるかわかる引き出しが完成!

キッチンの壁面をうまく使う収納術

よく使う調味料や食器、キッチンツールは、キッチンの壁をうまく使う吊るす収納がおすすめ。特に、毎日使って洗うモノは壁からサッと取れるので便利です。壁面収納をキレイに見せるコツは、目線の位置に取り付け、吊るす容器を統一して、モノの向きをそろえること。

壁面収納は自分で作ることもできます。出窓があれば、突っ張り棒を取りつけ、S字型のワイヤークリップを吊り下げれば、なんでも吊るせるスペースに。出窓がない場合は、タオルハンガーフックなどを使ってDIYで簡単に取り付けられます!

見えやすい場所に吊るすモノは、シンプルで統一感のある色で統一するのがおすすめ。また、モノトーンで揃えた時は、キレイなカラーのマグカップを吊るしてアクセントにするなど、ちょっとした遊びも取り入れてみて。


冷蔵庫の収納は効率と統一感を

冷蔵庫の中は、案外広くてどこに何があるかわかりにくいもの。家族みんなが使うものなので、開いてすぐに何があるかわかる冷蔵庫が理想です。どこに何があるのかわかりにくいと、ドアを開ける時間が長くなり冷却効率が低下、また、食品のロスも多くなりますよね。そんなお悩みには、食材や作り置きした料理を保存する容器にひと工夫を。
形を統一すると無駄なスペースがなくなりすっきり。また、透明の容器に入れれば、中身が見えて何がどれだけ入っているか一目瞭然です。



また、奥のものをすぐに取り出せるように、トレーに収納するのもおすすめです。手前に引き出すだけで、簡単に奥のモノが手元に!必要なものをすぐに取り出せます。

出典: www.instagram.com(@_____mai.3)

不透明な容器なら、入っている内容を容器に直接書いたり、ラベルに書いて貼るのもおすすめ。大きめの容器にご飯の友や調味料など、細々としたモノをまとめると家族とも共有しやすく毎回の出し入れが便利です。

また、生ものなどのいたみやすい食材は、透明のストックバッグに小分けに入れて立てて収納すれば、すき間のスペースにうまく収納できてすっきり!


シンク下は上下の空間をうまく有効利用

シンク下は、上下にデッドスペースができがち。排水管が邪魔になって、暗くじめじめしていて整理しにくいですよね。そこで活躍するのがラック。2段ラックや重ね置きできるもの、調理器具に合わせて左右に伸縮できるラックがあります。

ラックで段を作り、ぴったり収まる容器にワインなどのお酒類やしょうゆなどの調味料、サラダ油などのボトルを並べると、キレイに収まります。シンク下の有効活用もこれで完璧!

出典: www.instagram.com(@_____mai.3)

カウンターの上はすっきり見える収納を

キッチンのカウンターは、食材を切ったり、できた料理を並べたりする場所なので、広々と使いたいもの。ただ、家電製品から、調理器具、さらに郵便物といった紙類まで、とりあえず置いてしまいがち。あまりモノがごちゃごちゃと置かれていると、雑然とした印象になってしまうので、常にすっきりとしたカウンターをキープするのが大切。

電子レンジやポットなどの家電製品は、色を統一してキッチンカウンターの奥に置くと、目線がすっきりします。すでに購入済みの家電がバラバラの色の場合は、同じシリーズのナプキンをかけると統一感が出ます。その他、キッチンツールなども、白か木製にそろえ、パッケージが派手な洗剤は無地の容器に移し変えるなど、雑然と見えない工夫も大切。

また、飾り棚をDIYで作り、アクセントに観葉植物などのグリーンを置くのもおすすめです!目に入る度に清々しい気分になり、毎日の家事も軽やかに!料理も楽しくなりますよ。

見た目の良い収納家具をプラスして見せる収納を!

キッチンやダイニングにスペースがあったら、おしゃれなキッチン収納家具をプラスしてみませんか?

例えば、キッチンカウンターにも食器棚にも使えるワゴンがあれば、家族団らんの食事中に、おかわりしたり、追加の食器をすぐ取れるなど、何かと便利です。

キッチンで使うモノは、調味料の容器や食器など、味のある器や小瓶といったインテリアになるモノも多く、見せる収納を叶えてくれる収納家具を取り入れるのは良いアイディア。

お気に入りの食器があれば、しまうのはもったいない!おしゃれな棚やラックを新たに購入して、キレイに飾って見せる収納を考えるのも楽しいですね。色を統一したり、配置の間隔をバランス良く整えるなど、見せる収納をマスターすれば、料理するのが毎日楽しくなります。
時短につながり、気持ちに余裕も生まれる収納で、すっきりきれいなキッチンへ!

人気のアイデア

記事内で紹介されている商品

ひかりTVショッピングでご購入いただけます

キッチンの関連アイデア

片付けの関連アイデア

TOPへ