ライフ

クローゼット収納術完全版!おしゃれな収納アイデア、コツを大公開!

クローゼットの収納、さまざまなアイデアで解決します!

クローゼットは、いわば収納のカギとなる場所。クローゼットの収納がうまくいくかどうかで、部屋の片付けや掃除のしやすさが決まってくると言われています。

毎日着る洋服や、洗濯物、バッグや小物類をはじめ、オフシーズンのアイテムなど、たくさんのモノをクローゼットにうまく収納して、しかも出し入れをスムーズにしたいですよね。

でも実際は、使わなくなってしまったままのアイテムや、着なくなった服でいっぱいの衣装ケースをどうしようかと、試行錯誤して悩んでいるママも多いのでは?

クローゼットをうまく活用できていない理由のひとつは、モノが多すぎて、どこにしまったのかわからなくなってしまうこと。でも、ほんの少し収納を工夫することで解決できるんです!今回は、クローゼットをうまく活用できるヒントを集めた、「クローゼット収納術」をご紹介します。

モノ別で収納術を探したい!

洋服や下着、小物類などをなんとなく分けて収納しているはずが、気がついたら必要なモノが見つからなかったり、どこに何が入っているかわからなくなったということも多いはず。

クローゼットには、洋服をメインに、いろいろなモノを入れてしまいがち。だからこそ、モノ別の収納は基本。そこで、きれいに納めて整理整頓がラクになるコツやおしゃれに見えるモノ別の収納術をチェック!

◻洋服
クローゼットの中でいちばん大きな割合を占めるのが洋服。でも、その中に着なくなって眠っている洋服はありませんか? この着なくなった洋服の存在が、クローゼットの風通しを悪くしている主な原因なのです。
まずはクローゼットにある家族の衣類を全てチェック。全部一度取り出して、今ある服を確実に把握することから始めましょう。
その中から

・1年以上着ていない服
・似ているような服
・シミ、しわなどで清潔感のなくなった服
・サイズが合わなくなった服

を、「捨てる服」として選別。思い切って捨てることで、気持ちもクローゼットもスッキリします。



次は、季節ごとに、衣装ケースやボックスに収納。
今は着ないけれどイベントで切るかもしれない服や、思い出の服などは、普段着る服と分けて収納しましょう。
しわになると困るスーツやジャケット、ワンピースやコート類は、丈の長さなどを揃えて、クローゼットにかけましょう。しわを防げるのはもちろん、下スペースに生まれた空間に、収納ボックスや小物が置けて、見た目もスッキリ。
また、ハンガーはすべて同じもので揃えると、肩の部分が揃って、出し入れしやすくなります。色味や柄ごとに分けて吊るすと、着たい服が見つけやすく、コーディネートもすばやく決まります。

出典: www.instagram.com(@tomoa.jp)



◻布団
布団は、クローゼットの中で一番スペースをとってしまうもの。布団圧縮袋で圧縮することで省スペースで収納するのは定番ですが、布団をくるくると円筒状に丸めて入れて、クローゼットの奥に立てて収納できる専用袋もあるので、スペースに応じて活用してみては。
また、クローゼットが何段かに分かれている場合は、重めの敷布団などを一番下に置くと、持ち上げる手間も省けます。

◻ネクタイやズボン
ネクタイやズボンがかけられるように、クローゼットに突っ張り棒をつけて、ひとつひとつ見えるように並べて吊るすと、しわにならずネクタイの柄も一目でわかります。



◻バッグや帽子などの小物類
バッグや帽子などの小物類は、収納する際に、型崩れしないように注意が必要です。そこで活躍するのが、クローゼットのバーに吊るして使う5段~6段ほどの吊り下げ式の収納とキャスター付きワゴンです。どちらも、上下のスペースを確保できる収納家具。クローゼットの中の縦のスペースをうまく活用できます。


帽子は吊り下げ式の収納に、カバンはワゴンに入れると見た目もスッキリ収納できます。キャスター付きワゴンは、形も大きさもバラバラなバッグを手の届きにくいクローゼットの奥まで使って収納。手を伸ばさなくても、コロコロと手前に転がして出し入れできる優れモノです。


ケース・ボックスで手軽に収納したい!

クローゼットの中を整理整頓しやすくしてくれる収納グッズといえば、ケースやボックス。クローゼット収納を簡単にしてくれるアイテムです。
あらかじめクローゼットの奥行きを把握するのはもちろんですが、クローゼットの扉の仕様や形状もチェックして、サイズは合ってるのに扉が閉まらない、などの失敗がないように。



◻クローゼットの大きさや置く場所に合わせてコーディネート
衣装ケースは、重ね置きできるものと多段タイプがあります。また、引き出しタイプと上からファスナーで開ける布製の衣装ケースがあります。クローゼットの下に置くなら、重ね置きできる引き出し式のタイプが便利。季節ごとに洋服を入れて、シーズンごとに引き出しごと入れ換えるだけで、簡単に衣替えができます。

また、クローゼットの上の段に収納する場合は、引き出しタイプだと、引き出し部分が落ちてくると危ないので、布製のケースかボックスタイプがおすすめです。



◻衣装ケースやボックスの中もきれいに収納
ケースやボックスを買って、クローゼットの中を整理整頓できても、肝心のケースやボックスの中がごちゃごちゃしていては、意味がありません。

衣装ケースやボックスの中は、小さめのかごやプラスチックのケース、布製の仕切り、ブックスタンドを使って仕切りましょう。


よく着るモノを手前に、あまり着ないものを奥に仕切ると出し入れがスムーズです。下着や靴下などは、細かいマスに区切られた収納ボックスを使って、ひとつひとつ収納。モノの居場所を作ることで、靴下の片方がなくなることもありません。

ブックスタンドは、薄手のニットやカーディガン、セータなどを縦に収納できて、引き出しを開けた時にその日に着たい洋服がパッと見えるから、コーディネートの幅も広がるはず!


もっと使いやすく、本格的に収納し直したい!

備え付けのクローゼットだけでは、どうしても収まらない洋服やモノが多い場合は、棚やタンス、チェストや吊り下げ式収納をお部屋に取り入れるのもあり。インテリアとしても素敵で、部屋をパッとおしゃれに見せてくれる収納家具もたくさんあります。

新しく購入した家具は、フレッシュな気持ちにしてくれますし、「買ったからには本格的に収納し直すぞ!」と気合も入ります。そして、もっと使いやすく、おしゃれにスッキリ収納できるよう、自分なりのルールを決めておくとよいでしょう。
例えば、タンスやチェストは、引き出しごとに役割を持たせましょう。家族ごとに分けて、部屋に散らばるモノをササっと収納してもよいですね。ここでも仕切りを使って、開けると、一目で入っているモノがわかるように収納しましょう。

棚は、隠す収納と見せる収納を使い分けてコーディネート。おしゃれなボックスやケースの中に子供の小さなおもちゃ、その横にはファイルボックスで仕切った子供の絵本コーナーやママの雑誌コーナー。そして、フレグランスオイルや観葉植物を置いて空間に余裕を見せ、大きなおもちゃなど見た目もカラフルなものは、あえて棚に飾って見せる収納もあり。

いかがでしたか?ご紹介したクローゼット収納術を取り入れて、お部屋をもっと居心地の良い空間にしてみてくださいね!

人気のアイデア

収納の関連アイデア

寝室の関連アイデア

片付けの関連アイデア

TOPへ