ライフ

ママ1人で模様替え!
工具不要のおしゃれなユニット家具「ezbo」を組み立ててみた

画期的!用途が無限大の本格的ユニット家具が、
工具を使わず女性の手で簡単組み立て

すべてのパーツが下準備OK。あとは組み合わせ、固定していく作業だけ

これまでユニット家具の組み立てといえば、パパの力と工具がマストと思いがちでしたよね。
ところが、あらかじめ工具が必要なところはすべて加工済み。あとは女性1人でも簡単な作業で組み立てていける工具いらずのユニット家具がありました!
その名も「ezbo(イジボ)」、イージーボードを短縮したわかりやすいネーミングです。
本当にそんなにイージーなの?工具なしでどうやって組み立てができるの?
子供も聞き分けできるようになったので、カラーボックスや間に合わせのちぐはぐな家具たちをそろそろ卒業したい、と考えているママが、さっそく実際に組み立ててみました。

まずは基本の棚の組み立て。パーツごとに丁寧に梱包された中身を確認し、さあ着手

紹介した商品の購入はこちら

パーツごとの梱包を解き、中身のパーツと説明図、付属のネジ類を確認します。

組み立て棚の背板部分と両サイドを支える黒い鉄のフレームが2つ。

紹介した商品の購入はこちら

背板は2枚を上中下の3ヵ所のちょうつがいで留めてあり、V字形に折れて自立します。
(だから作業がやりやすいんですね!)

その両サイドに鉄のフレームを取り付けます。背板とフレームの接続は、フレームの上中下3ヵ所に付いている突起(ボルト)を、背板の穴に通し、裏側からお花の形のネジ(ナット)を回して留め、最後にネジ穴のキャップを付けて固定します。
ネジを回す作業は2歳のヒマリちゃんでもお手伝いできるほど。
親子で一緒に作れば、きっと愛着もひとしおですね。

外側が完成!鉄のフレームの足裏にはフロアを傷つけないように、付属の緩衝シールを貼り付けました。

紹介した商品の購入はこちら

棚板を設置していきます。耐荷重(静荷重)は何と100kg!頑丈に組み立て上がるヒミツあり

さあ、好きな高さに棚板を付けましょう。
実はこの鉄のフレームが棚板を支える役目をします。
棚板とセットになった2本の鉄製バーを、左右のフレームに引っ掛けます。
バーの両端はカギ状になっていて、フレームにしっかりとセットできることに感心!

紹介した商品の購入はこちら

棚板をセット。正しく置くだけで固定できる構造の棚板だから、設置後は前にずれたりしません!

あとは、ストッパーになる付属のビスをねじ込むだけ。
なるほど、万一の地震や不自然な力が加わった時でも、しっかりと固定できる工夫が施されているんですね!

紹介した商品の購入はこちら

出来上がり!本当にママ1人(小さなお手伝いさんもいましたが(笑))
工具なしでできました!
この出来映えに、達成感もたっぷり。

これが組み立て家具「ezbo」のいわば基本形。試しに重い画集や写真集を載せてみました

この棚板に並べた本の重さを量ってみたら、合わせて約43kgありました。
普通のユニット家具ではなかなか載せるのにためらう重さですよね。
でも、「ezbo」の棚板はたわむことなくしっかりと安定。
棚板を支える2本の鉄製バーにかかる重さを、コの字型になった背板と両サイドの鉄のフレームの全体で受けとめているからです。

紹介した商品の購入はこちら

ウォールナット調の木目模様の落ち着きと、黒い鉄のフレームが持つ透け感とが、重すぎず軽すぎず、インテリアにいい味わいを醸し出してくれます。
この出来映えと頑丈さが工具なしで完成できるとは、模様替えやインテリアのリフォームを考えているママにはうれしい限りでは。
ちなみに「ezbo」は、家族の成長に合わせて、横に継ぎ足して延長させたり、引き出しや引き戸、テーブル、ハンガーなどのパーツを組み合わせたりして、発展させていけるのも大きな魅力です。

確かに、危険な部品がなく子供が一緒にいても安心。
(V字型の背板に指を挟まないよう注意するくらい)
この組み立て方なら、女性1人であっという間、開封から約20分で出来上がり!
組み立ての様子を動画で見てね!

人気のアイデア

記事内で紹介されている商品

ひかりTVショッピングでご購入いただけます

リビングの関連アイデア

収納の関連アイデア

TOPへ