ライフ

気になる部屋の臭い、対策はカーペットから

「部屋の臭い」対策はカーペットから。汚したらすぐ掃除機で水洗い!

部屋や家の臭い...発生源になりやすいカーペットの掃除が劇的に変わりそうです

よそのお家や部屋のドアを開けた時の「ん?」という異臭...気になったこと、ありませんか。
わが家にも気づかないだけで、そんな臭いがあるのかも...。ママになってからは以前のようには丁寧に掃除ができない毎日を振り返ると、部屋や家の臭い、大丈夫かしら?気になりますね。
部屋や家独特の臭い=生活臭の発生源として見過ごせないのが、広い面積を占めるカーペットやラグの汚れです。
食べこぼし、飲みこぼし、ペットの粗相などなど、臭いを発しシミになってしまうカーペットやラグの汚れ。
その掃除方法が劇的に変わる!そんなびっくり体験をした、とあるオフィス仲間の話です。

年子の子育て真っ最中の後輩を訪ねたら…家のイヤな臭いがしなかった

プライベートでも仲が良い後輩、清美ママは第2子を出産して育休中。遊びに来て、と誘われ、週末に駅前でケーキを買って訪ねてみることに...。

実は、もともとよその家の臭いに弱い私。特に苦手なのは、愛犬と暮らす夫の実家の臭い。そんな私にとって、きれい好きの彼女の家は、これまで嫌な臭いを感じたことがない安全圏だった。

けれど、家を訪ねるのは久しぶり。それに上の子はもうすぐ2歳。
「何でも自分でする、と自己主張がすごいのよ」と、清美ママがLINEで愚痴っていたほど、毎日が大変らしい。
ベビーのお世話と2歳児の育児、これでは掃除もままならないはず、きっと臭いも…と恐る恐る玄関チャイムを鳴らした私を迎えてくれたのは、いつもの笑顔と気持ちのいい空気でした。

あ、子どもがカーペットにコーンスープをひっくり返した!汚れ、臭い、どうする

久しぶりに話が弾んでいたその時、そばでスプーンを片手にコーンスープを飲んでいた「もうすぐ2歳児」くんが、スープをカーペットにこぼした。大変!なのに、清美ママは「あらあら」と、慌てる気配なし。

「あ~、ひっくり返っちゃったね。大丈夫よ、お掃除しようね」と話しかけ、抱いていた赤ん坊を私に手渡して、掃除機と何やら見慣れない形の器具を持ってきた。


カーペットに落ちたコーンの粒々も液体も吸い上げて、何と水洗いまで!

清美ママは、慣れた手つきで器具を掃除機にセット、途中、器具内の容器に水を入れた。
そして、「カーペット、チュルチュルするよ」と子供に話しかけると、器具のノズルをこぼれたコーンスープへ。
(えっ、掃除機でコーンスープは吸えないでしょ)

すると、ちょっと浮かしたノズルがコーンの粒々や表面にたまったスープを吸い上げていく。粒々もスープも掃除機本体ではなくその器具に入っていくのが見える。


次に見たのは、コーンスープを吸い込んだカーペットにノズルから水が噴き出しつつ、汚れを含んだ水を吸い上げるという早ワザ。何と洗ってる!
汚れを水ごと吸い上げたら、水だけ止めてカーペットに残る水分を吸い上げた。

「ほうら、きれいになったよね」清美ママはひときわ大きな笑顔になった。
「ところで掃除機に取り付けたその器具は、なに?」興味津々で聞いた私に、清美ママが語る。
「これ、『スイトル』といって、液体の汚れを吸い取りながら、同時にきれいな水で水洗いしてくれるスグレモノよ。

カーペットやラグが汚れても、はがしてクリーニングに出すのは子供がいたら無理。シミにならないように洗剤とかでこすっても、うまく落ちなくて…
見た目だけでなく、臭いや衛生面でも不安でしょ。

この『スイトル』を使ったら、洗浄剤も使えるし、除菌水で除菌・消臭もできるから、カーペットやラグのストレスから、解放されたわ。
それに、下の子ももうすぐハイハイし始めたら、薬品の入った消臭除菌スプレーは使いたくないもの」
清美ママの『スイトル』絶賛が止まらない。


たしかにスゴイ『スイトル』、わが家でもカーペットの上でテストした

清美さんから試しに借りた『スイトル』がわが家に来た。といってもうちは猫と主人の3人(?)暮らしだけど。

借りる前に、取り扱い説明書やネットで予習済み。頭には入ったけれど、実際に使ってみてどうなのか興味津々。

(テストの準備)
『スイトル』とは、ホースが付いたキャニスター型掃除機のいわばアタッチメントとして使えます。
掃除機のホースの先に接続して、本体中央にある清水タンクに、水を最大500ml入れるだけ。


『スイトル』には動力がないので、電源のON-OFFは掃除機のスイッチでします。

掃除機のスイッチをONすると、ノズルから吸い込んだものは『スイトル』の本体タンクに入り、掃除機本体に吸い込まれることはありません。


賞味期限切れのベビーフードで、実験開始

素材は清美さんがくれたベビーフードの野菜入りうどん。上の子用に買い置きして賞味期限が切れたものだそう。

では、百聞は一見にしかず。カーペットにこぼしたベビーフードを再現してみました。

掃除機本体のスイッチをON。
「吸引のみ」「水を噴出しながら吸引」の切り替えは、ノズルの付け根近くのレバーを指で上下させて行います。(通常はレバーが下にあり「水を噴出しながら吸引」します)

まずは、ノズルの吸い込み口を浮かせて、カーペット表面のうどんや具、スープを吸い取ります。

次に、ノズルをカーペットに密着させて「水を噴出しながら吸引」で、カーペットを洗います。ノズルをスープが染み込んだ部分に密着させ、ゆっくり動かしていきます。
空気の勢いで出る清水タンクから出る水で、スープが染み込んだ部分が洗われ、同時に汚れた水が吸引されていくのがわかります。

最後に残った濡れ感を、レバーを上げて「吸引のみ」で吸い取れば、アトがほとんど残りません。

さらに気持ちよく臭いも解消!「洗浄剤洗い」と「除菌水・消臭洗い」も

●ケチャップやカレー、ソース、ワインなど色素の強い汚れなら

1 まず『スイトル』の「水を噴出しながら吸引」で予洗いを。

2 薄めたセスキ炭酸ソーダや重曹を布切れや古い歯ブラシにつけて、濡れた汚しアトをこすり汚れを浮かします。(台所用中性洗剤を使うときは、泡立ちの少ないものがオススメ)

3 『スイトル』の「水を噴出しながら吸引」ですすぎ洗いして、レバーを上げ「吸引のみ」で仕上げます。洗剤っぽさが残らず、仕上がりが気持ちいい。

●ペットの粗相(そそう)やお子さんのお漏らしなら

1 まず『スイトル』の清水タンク(水500L)に『除菌水の素』(別売)1袋を入れます。

2 「水を噴出しながら吸引」で除菌消臭洗いをします。

3 あとはそのまま乾かすか、『スイトル』のレバーを上げ「吸引のみ」で仕上げます。手で触らずに吸引できるうえ、除菌も消臭もできて清潔!
(スイトルも丸洗いできるので気持ちよく使えます)

汗かきな子供のベッドパッドの表面洗いも

赤ちゃんとずっと一緒のぬいぐるみも表面洗いできます

小さい子のおもらしやおねしょにも

時々粗相をしたり、毛玉をリバース(吐き戻し)する猫ちゃん対策にも

薬剤を使わないで本当に清潔になるから、嬉しい

子どもが汚すからと諦めていた、明るいカラーのカーペットも、これがあれば大丈夫そう。

もう、薬品成分が残るのを気にしながら除菌スプレーや消臭スプレーでごまかさなくていいから、安心です。
気がかりなことが解消されて、らくらく子育てが楽しめそうですね。

記事カテゴリー

記事内で紹介されている商品

ひかりTVショッピングでご購入いただけます

TOPへ