注目のキーワード:
吉野家
羽毛布団
粒わた
ガンプラ
switch
RX 6600 XT
RTX3080
訳あり
RTX3070
アイドルマスター スターリットシーズン

お一人さま2点限り

カートに入れる

BUFFALO 法人向け無線LANアクセスポイント WAPM-1266R

  • 送料無料
  • 日時指定
  • 価格.com第1位 (2021/10/20 18:52現在)
  • 39,402 29,800 (税込)
  • 獲得予定ぷららポイント 298PT
    • 送料
      0
    • 在庫
      あり
    • 出荷目安
      2021/10/21 から 2021/10/25
    • 10/2115:00までのご注文で10/27までにお届け予定
    • 東京都千代田区に佐川急便からお届け予定
    • 商品の評価

法人向け無線LANアクセスポイントの商品説明

商品の特徴

DFS障害回避機能

「DFS(Dynamic Frequency Selection)」による無線LAN停止を回避するため、レーダー監視専用アンテナを搭載。 干渉しないチャンネルを常に監視し把握することで、レーダー波を検知した際に、瞬時に干渉しないチャンネルへと自動的にチャン ネル切り替えを行います。※

※チャンネルが切り替わった際のアプリケーションの動作はその仕様に依存します。
*DFSとは
DFSとは、「Dynamic Frequency Selection(動的周波数選択)」の略。 5GHz周波数帯のW53, W56で気象・航空レーダーなどの干渉があった場合、アクセスポイント側が干渉のないチャンネルに退避する仕組み。法律で義務付けられ、 アクセスポイントに必ず搭載されている。 干渉した場合、移動予定のチャンネルがレーダー波と干渉しないかを無線LANを止めて60秒間監視する必要がある。

「干渉波自動回避機能」搭載で安定した通信を実現

従来品では回避することができなかったコードレス電話機など Wi-Fi以外の機器から出るノイズを自動で検知し、干渉しない チャンネルへ変更できます。 さらに、チャンネル変更は、起動時/指定した時間間隔での実施 に加えて、チャンネルの使用率上昇や電波干渉を検知して行う 動的なチャンネル変更が可能。また検知レベルにあわせて必要 なタイミングだけ、動的にチャンネル変更が可能なため、不要 なタイミングでのチャンネル変更も防ぎます。

バッテリー動作中のタブレットでも安定通信

タブレットはACアダプターを接続していない状態で、通信をしていないと無線送受信を抑制する省電力モードになります。 学校の授業のようにアクセスポイントに多台数のタブレットが接続された状態で同時に通信をしようとすると、通信の順番が回って くるまでに省電力モードになってしまう場合があります。
本製品では、省電力モードになった多台数のタブレットとも滞りなく通信ができるよう効率的な通信をしています。 当社ではACアダプターを接続していない省電力状態の40台のタブレットで動画再生試験を行っており、全台数で動画再生ができる ことを確認しています。

【商品の仕様】

無線LANインターフェース 伝送方式:直接拡散型スペクトラム拡散(DS-SS方式)、直交波周波数分割多重変調(OFDM方式)、単信(半二重)
1000BASE-T(8B1Q4/4D-PAM5)、100BASE-TX(4B5B/MLT-3)、10BASE-T(マンチェスターコーディング)
周波数範囲(チャンネル):IEEE802.11a:5.18GHz~5.7GHz( 36 / 40 / 44 / 48 / 52 / 56 / 60 / 64 / 100 / 104 / 108 / 112 / 116 / 120 / 124 / 128 / 132 / 136 / 140ch ) IEEE802.11g / IEEE802.11b:2.4GHz (1~13ch)
セキュリティー:WPA2-PSK(AES)、WPA2-EAP(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(AES/TKIP)、WPA/WPA2 mixed EAP(AES/TKIP)、WEP(128/64bit)、Any接続拒否、プライバシーセパレーター
アンテナ:外部(External)、送受信(Tx / Rx):2 本、レーダー波監視用アンテナ×1(内蔵)
端子形状:RJ-45型8極コネクター
準拠規格:IEEE802.11ac /IEEE802.11n / IEEE802.11a / IEEE802.11g / IEEE802.11b
IEEE802.3ab(1000BASE-T)、IEEE802.3u(100BASE-TX)、IEEE802.3(10BASE-T)、IEEE802.3x Flow Control、IEEE802.1Q VLAN tagging
データ転送速度(規格値):10M/100M/1000Mbps(オートセンス)
アクセス方式:インフラストラクチャモード、WDSモード
CSMA/CD
端子数:2(AUTOMDIX対応)
※PoE受電対応はLAN 1端子
インターフェース:2.4GHz及び5GHz同時通信
リピーター機能(WDS):対応(最大6台)
※WDS認証方式は新定義方式です。異なるWDS認証方式とは接続できません。
スイッチングデータ転送方式:ストア&フォワード
アドレステーブル:MACアドレス 4096アドレス(自動学習方式)
転送距離:100m
データ転送速度(理論値):最大866Mbps(IEEE802.11ac)、最大400Mbps(IEEE802.11n)、最大54Mbps(IEEE802.11a、IEEE802.11g)、最大11Mbps(IEEE802.11b)
管理機能 管理プロトコル:SNMP(v1/v2c/v3/Trap)
その他機能:Web(ブラウザIE8以降)、CLI(TELNET、SSH、コンソール、TFTPクライアント)対応、WLS-ADT(別売)対応 HTTPによるF/Wアップグレード機能、設定の保存/復元(Web)
RSTP(IEEE802.1w)対応、Syslog機能、Syslog転送サポート、MIB ?、IEEE802.11MIB、BridgeMIB、InterfaceMIB、IEEE802.1、LLDP-MIB、IP取得方法:手動/DHCP
セキュリティー機能 マルチSSID:最大32個(2.4GHz帯 16個、5GHz帯 16個)
タグVLAN(802.1Q):最大32個、VID=1~4095
その他機能:認証方式:オープン、共有キー、IEEE802.1X(TLS/TTLS/PEAP) 暗号化方式:WEP(64bit/128bit)、WPA2(AES)、プライバシーセパレータ(STA/SSID)、ポートベースVLAN、Any接続拒否(SSID隠蔽)、MACアドレスフィルター、管理ユーザID/パスワード、電波出力制限機能
サポート機能 DFS障害回避機能、干渉波自動回避機能、電波環境見える化機能※1、リモート管理機能、電波出力調整、電波混雑防止機能、APSD、DTIM、Beacon Period、QoS、ロードバランス(接続台数制限)、MAC-RADIUS認証、内蔵RADIUSサーバー機能、Proxy ARP(プロキシ・アープ)機能
※1 管理ソフト「WLS-ADT」(別売)が必要
USB端子 1ポート(USB2.0 TypeA)
※USB Flash専用
電源 AC100~240V 50/60Hz(ACアダプター使用時)
最大消費電力 18W
外形寸法(幅×高さ×奥行) W175×H200×D45mm
※本体のみ(アンテナ・突起部除く)
質量 約800g
取得規格 VCCI ClassB準拠
動作環境 温度0~50℃
湿度10~90%
※結露なきこと
※本製品は屋内使用に限ります
主な付属品 壁掛け金具、壁取付用ねじ、アンテナ、アンカー、取扱説明書、保証書

商品詳細情報ページ (ひかりTVショッピング外のページに移動します)

https://www.buffalo.jp/product/detail/wapm-1266r.html

商品の仕様

メーカー名 BUFFALO
商品型番 WAPM-1266R
Wi-Fi(無線LAN)規格 IEEE 802.11g対応
接続方式 LANポート
ポート数 1ポート
JANコード 4981254041864