炭酸水でいつもの手料理が時短のご馳走に変身!

炭酸水でいつもの手料理が時短のご馳走に変身!

2019/01/11

炭酸水を上手に使えば、いつものおかずが激ウマに変わる!そんな耳よりの噂や投稿をヒントに、コスパ抜群の炭酸水メーカー「ソーダストリーム」で実践してみました。鶏ささみのフリット、ビーフシチュー、白ご飯さえも時短で美味しく仕上がった必見のドキュメント。

目次

    今話題の炭酸水を家で作れば、料理にも気軽に使えて、時短で美味しく調理できる!

    お家で炭酸水が作れると、キッチン仕事が新鮮な楽しみに変わります。

    普段のご飯作りに炭酸水を取り入れると、白ご飯やおかずが思いがけない美味しさにグレードアップ!
    ママにとってこれは見逃せない大きなメリット。
    でも、炭酸水を普段使いしたくても、ペットボトルやビン入りだと買物が重くなる、けっこう高くついて家計に響く、さらには空容器がたまって分別やゴミ出しが大変。
    そんな不便を解消するのが、今人気急上昇中の炭酸水メーカーです。

    中でも人気の「ソーダストリーム」は、交換式のガスシリンダーを簡単にセットできて、しかも微炭酸・中炭酸・強炭酸が簡単に作り分けできるスグレモノ。
    電気も電池も不要でゴミも出ないからエコ。
    今注目を集める人気の炭酸水メーカーを、実際に使って試してみました。

        炭酸水入りの衣で揚げた「鶏ささみのフリット」、サクッふわっの食感に子供たち、大歓声

        炭酸水入りの衣で揚げた「鶏ささみのフリット」、サクッふわっの食感に子供たち、大歓声

        ローカロリー、ロープライスで子供にも大人にも大切なたんぱく質がたっぷり。
        お給料日前の味方のささみですが、イマイチ家族のテンションが上がらないことが多いのでは?
        ともすれば食感がパサパサしたり、固くなったりして、味も物足りない残念な仕上がりになりがちです。
        ところがそんなささみでも、衣に炭酸水を加えたフリットにすれば、劇的に変身!
        炭酸水入り衣の軽い揚げ物・フリット、これは定番レシピに加える価値、大です。

        「ささみのフリット」の作り方はとても簡単!

        【材料】
        ささみ:2本分
        小麦粉:大さじ3
        片栗粉:大さじ2
        炭酸水:50cc
        塩・こしょう:少々
        揚げ油:適量

        【作り方】
        (1)ささみを開いて筋を取り、包丁のミネで少し叩いてから、塩・こしょうをします。
        (2)ボウルに小麦粉、片栗粉、炭酸水を混ぜ合わせて衣を作ります。

        (3)揚げ油を小さめのフライパンに2cmほど入れて180℃に熱します。(油の量はささみが浸りきらなくてもOK)
        (4)開いたささみを2~3切れにカットし、衣にくぐらせ揚げていきます。
        (5)揚げている途中はあまり触らず、まわりが固まった頃を見計らって、ひっくり返し両面を揚げます。

        付け合わせの野菜やレモンを添え、ささみのフリットにはケチャップと粉チーズを振ってテーブルへ。

        熱々のささみのフリットに、「わ~、サクサク」「ふわふわ~」と合唱するように歓声を上げる子供たち。
        ご近所友だちの姉のほのかちゃんにも、妹のあやかちゃんにも大好評でした。
        スタッフもお味見して、これはこれは。
        軽い衣に包まれたささみは、今までのささみ料理は何だったの、とびっくりするほどしっとりとジューシーでした!

        圧力鍋がなくても、時短で柔らか!炭酸水で作る「ビーフシチュー」

        圧力鍋がなくても、時短で柔らか!炭酸水で作る「ビーフシチュー」

        「ビーフシチュー」の醍醐味は、煮込んだお肉の柔らかさ。
        ソースとあいまって、口の中を何とも言えない幸福感で満たしてくれます。
        でも、圧力鍋がないから無理。
        そう思っていませんでしたか? 
        炭酸水があれば、小一時間もかからないほど、思いがけない時短で美味しい「ビーフシチュー」が完成します。

        炭酸水で時短「ビーフシチュー」の作り方は、まず材料から。
        (今回は牛肉多めで作りましたが、分量はお財布に合わせて)

        【材料】
        牛肉(カレー・シチュー用):500g
        玉ネギ:1個
        ジャガイモ:4個
        ニンジン:1本
        塩・こしょう:少々
        バター:15g
        デミグラスソース:1缶
        ケチャップ:大さじ2
        赤ワイン(または日本酒):100cc
        炭酸水:300cc

        【作り方】
        (1)肉に塩・こしょうを軽くもみこみ、鍋にバターを溶かして肉をこんがり焼きます。
        (2)炭酸水を入れ、フタをして20分ほど中火で煮込みます。
        (3)煮込んでいる間に野菜を一口大に切り、鍋に野菜とデミグラスソースとケチャップを加えて、フタをしないで弱~中火で15分ほど煮込みます。
        (4)野菜が柔らかくなったら出来上がり。

        美味しい匂いがキッチンから漂ってくると、子供たちの表情も期待でうずうず。
        そして、テーブルにいよいよ、クリームをアクセントに回しかけた「ビーフシチュー」のお鍋が登場!
        テンションが一気に高まります。
        取り分けるのももどかしそうに、兄のソウタくんと弟のユウタくんも身を乗り出します。

        ほら、それほど長い時間は煮込んでいないのに、お肉も野菜も美味しそう!

        催促するユウタくんに柔らかお肉を差し出して、あやかちゃんがお姉さんぶりを発揮しています。

        炭酸水でご飯を炊いたら?炊き比べてみると大正解でした。

        炭酸水でご飯を炊いたら?炊き比べてみると大正解でした。

        お米を研いで、水を入れる代わりに同じ分量の炭酸水を入れて炊いてみました。

        まったく同じ米と炊き方で炊いたのに、炭酸水で炊いたご飯は米粒がしっかり立っているのが分かります。

        ちなみにこちらが普通の水で炊いたご飯です。

        食べ比べてみると、炭酸水のご飯は米粒感がしっかりあるのに、噛むとふっくら柔らかい。
        米の一粒ひと粒に食べ応えがあるという感じ。
        もちろんお米の風味や甘さもしっかりと味わえます。
        ※スタッフの個人的な感想です。

        炭酸水はだし巻き卵やオムレツなどタマゴとも相性よし。さらに、魚の下ごしらえなどにも。

        炭酸水はだし巻き卵やオムレツなどタマゴとも相性よし。さらに、魚の下ごしらえなどにも。

        炭酸水でだし巻き卵を作ってみました。
        分量は、タマゴ2個に、炭酸水大さじ2、だしの素と塩、砂糖、または薄口しょうゆとみりんをお好みで。
        ふっくらとろりと焼き上がります。

        オムレツやスクランブルエッグ、親子丼にもおすすめです。
        ほかにも、大根などの根菜を煮たり、タコを柔らかく煮上げたりするのも炭酸水の得意ワザ。
        それに加えて、こんな隠しワザも。

        それは、魚の下ごしらえ!

        魚を調理する時に苦手という声が多い、魚のぬめりや臭み。
        炭酸水を入れたボウルで、魚を軽く振るようにして洗います。
        最後に水で流すと、ぬめりや臭さが簡単に取れて、扱いやすくなります。
        煮付けにする時も、水、しょうゆ、砂糖、みりん、酒などいつもの煮汁に炭酸水大さじ2~3を加えると、味がしみて美味しくできます。

        炭酸水は、ご飯炊きからおかずまで、時短や美味しいマジックを発揮してくれる、忙しいママの頼もしい味方。
        日々の生活に上手に取り入れてみませんか。

              スマートなルックスのソーダストリーム Source v3(ソース v3)は、本体にガスシリンダーをセットするのが簡単。
              フロント部分に水を入れた専用ボトルをセットしたら、上部の四角い部分を上からグッと押し込むと炭酸がボトルの水に噴出して溶け込みます。
              押す回数で微炭酸・中炭酸・強炭酸とシュワシュワ度が高まるので、楽しみながら作れるのも魅力。
              おもてなしやホームパーティの花形になってくれそうです。

              この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

              執筆: くらしと編集部

              記事内で紹介している商品

              関連記事

              人気記事

                紹介している商品を見る

                記事内で紹介している商品