北欧インテリアにぴったり!ペンダントライトのあるインテリア事例集

北欧インテリアにぴったり!ペンダントライトのあるインテリア事例集

2019/06/27

お部屋をおしゃれな空間にしたい! と思ったときに、注目したいのは「照明」でしょう。特にペンダントライトは視界に入りやすいので、使ってみるとお部屋の雰囲気がガラッと変わります。今回は、素敵なペンダントライトをご紹介します。

目次

    お部屋をランクアップさせる「ペンダントライト」

    照明器具に直接ライトを取り付けるシーリングライトに対し、チェーン、コードなどで天井からぶら下げるタイプの照明をペンダントライトといいます。ペンダントライトは本体に付いた器具を使えば、高さを調節することができます。また、器具が同梱されていない場合でも、コードリールやS字フックを活用すれば高さの調節が可能です。

    ペンダントライトは天井からぶら下げて使うため、光を出す位置は低くなります。そのため、照らすことができる範囲は狭くなりますが、ダイニングテーブルやキッチンなど、照明の直下を照らすのには向いています。

    デザインの自由度が高いことも利点です。北欧調、モダン、アンティーク調、レトロ調など、種類が豊富で幅広いデザインを選ぶことが可能。複数つけることもできるので、工夫次第で個性を出すことができます。デザイン性が高いペンダントライトは、「空間のアクセサリー」と呼ばれることがあるほど、お部屋の雰囲気を簡単に変えることができるアイテムです。

    ペンダントライトの事例集:北欧インテリアと合わせる

    ペンダントライトの事例集:北欧インテリアと合わせる
    引用: www.instagram.com(@sa_yuri07)

    カフェや雑貨店などで見かける北欧デザインのペンダントライトは、リビングに置くだけで一気におしゃれな雰囲気を演出できます。ワンランク上のコーディネートを追求したいなら、北欧調のインテリアと合わせるのがおすすめです。

    マットな質感のブラックのペンダントライトは、木目の風合いが楽しめるシンプルなテーブルと合わせれば、モデルルームのようなすてきな空間が完成します。

    ペンダントライトの事例集:同じライトを複数並べて

    ペンダントライトの事例集:同じライトを複数並べて
    引用: www.instagram.com(@i___home.ig)

    小ぶりのペンダントライトは、光を広げすぎないので手元をピンポイントで照らしてくれます。手元をしっかりと照らしたいキッチンでは、小ぶりのペンダントライトを複数並べるのがおすすめ。

    同じデザインの照明を規則正しく並べると、カフェやバーのような雰囲気が演出できます。壁や天井のカラーと合わせた真っ白な照明がナチュラルな印象を与えています。

    ペンダントライトの事例集:ヴィンテージ調のアイテムをあわせて

    ペンダントライトの事例集:ヴィンテージ調のアイテムをあわせて
    引用: www.instagram.com(@teambbq_)

    メタリック調のワイヤーフレームが目を引くペンダントライトが、ヴィンテージ感のあるムードを引き出しました。ワイヤーフレームで描かれた光の模様が天井に広がります。角ばったデザインが、お部屋の雰囲気を大人らしく盛り立てているのが分かりますね。深みのある壁紙やクラシック調のカーテンと合わせると、落ち着きのある空間を作ることができます。

    ペンダントライトの事例集:子どもも喜ぶ個性派デザイン

    ペンダントライトの事例集:子どもも喜ぶ個性派デザイン
    引用: www.instagram.com(@hhkkrr1983)

    子ども部屋でもペンダントライトは活用できます。子ども部屋では子どもが喜ぶような壁紙やインテリアを、と工夫する方が多いでしょう。意外に見落としがちな照明をかわいいものにすれば、お子さんが喜ぶ、遊び心あふれる空間が完成します。

    ウッドフレームのペンダントライトは、星をかたどったデザインがポップな印象を与えます。ナチュラルなフレームにオレンジの光を放つ電球をセットすると、温かみのある空間を演出できます。フレームのカラーと扉のカラーを合わせれば、空間に統一感が生まれますね。

    ペンダントライトの事例集:デザイナーズ照明は空間の主役になる

    ペンダントライトの事例集:デザイナーズ照明は空間の主役になる
    引用: www.instagram.com(@rie.19)

    ペンダントライトを主役にするコーディネートをめざすなら、ちょっとリッチなアイテムを選ぶのもいいでしょう。主役級のペンダントライトを探すのであれば、デザイナーズブランドをチェックしてみましょう。

    宇宙空間を思わせる斬新なデザインのこちらの照明は、ヴェルナー・パントンの作品。ヴェルナー・パントンは、デンマーク生まれの建築家です。29歳で建築デザイン事務所を設立。1967年に発表した椅子・パントンチェアは、すべてプラスチックで成形。滑らかな流線形の風合いで爆発的なヒットを生み出しました。

    そんな彼がデザインしたこちらの照明は「グローブ」。シェード全体がアクリル製の球体で包み込まれています。照明本体を囲むシェードはボールチェーンで連結し、宙に浮いているような幻想的なデザインに仕上がっています。反射鏡に映るブルーとレッドのモチーフが神秘的なムード。照明がついているときはもちろん、ついていないときもずっとながめていたくなるインテリアの主役となるペンダントライトです。

    まとめ

    ペンダントライトはおしゃれな空間づくりにもってこいのアイテムです。

    ・ペンダントライトは、チェーン、コードなどで天井からぶら下げるタイプの照明です。
    ・デザイン性の高いペンダントライトは、さまざまな種類があります。空間のイメージやインテリアに合わせて選ぶといいでしょう。

    子どもが楽しめるものやヴィンテージ調、デザイナーズブランドのものなど、空間に合わせてすてきなペンダントライトを選んでくださいね。

    照明に興味のあるあなたにおすすめの関連記事

    照明に関する記事を集めました。
    照明選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。


    【関連記事】ブランドごとのペンダントライトの特徴の記事はこちら

    【関連記事】照明器具を空間のアクセントとして上手に活用している事例の記事はこちら

    【関連記事】暮らしのスタイルやインテリアにあわせた照明の選び方の記事はこちら

    この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

    執筆: くらしと編集部

    記事内で紹介している商品

    関連記事

    人気記事

      紹介している商品を見る

      記事内で紹介している商品