工具いらずの組立ユニット家具「ezbo」とプロの知恵で靴収納を解決

工具いらずの組立ユニット家具「ezbo」とプロの知恵で靴収納を解決

2018/10/25

工具いらずでラクラク組み立てできるユニット家具「ezbo(イジボ)」を使って、玄関からあふれた靴をシューズクローゼット感覚で収納してみた。サポート役は整理収納のプロ。その靴をスッキリしまう知恵とテクニックはさすが!今すぐ応用できる楽しみも。

この記事のまとめ

    玄関にあふれる靴を、整理収納のプロの知恵と
    工具不要ユニット家具「ezbo」でスッキリ収納!

    シューズクローゼットみたいに「ezbo(イジボ)」に収納したい!
    さて、整理収納のプロの知恵とは

    夫婦の靴に子供たちの靴で、備え付けの靴箱がもうパンパン。
    あふれた子供たちの靴や普段用のつっかけで散らかる玄関を何とかしたい。
    そんな毎日に、何とかしようと行動を起こしたママ。
    その思いをしっかり受けとめて、様々な知恵でサポートしてくれたのは、ライフオーガナイザーの矢部裕子さんです。
    「できれば高級マンションのシューズクローゼットみたいな感覚で、おしゃれに収納したい」というママに応えてくれました。

    ■整理収納のアドバイス
    シンプルライフ代表 矢部裕子さん
    主婦の経験とアメリカ発の片づけ理論「ライフオーガナイズ手法」を生かして、一人ひとりに合わせた片づけやすい整理収納を提案。
    居心地のよい空間作りと快適生活のサポートをしています。
    マスターライフオーガナイザー・メンタルオーガナイザー・キッチンスペシャリスト

    STEP1)まずは玄関の新しい靴収納(ezbo)に入れる靴を確認。
    見せる靴と隠す靴に分けていきます

    「今まであふれた靴は、磨いたり拭いたりしてタンスの上や収納棚に分散してしまっていたんです。靴は傷むし、見た目も悪くて…」

    ママがシューズクローゼットみたいに靴をしまいたい、と1人で組み立てているのがユニット家具の「ezbo」。
    その魅力は、棚板の種類や高さを手軽に変えられるところにあります。
    また、見せたい靴のためのオープン棚だけでなく、隠したい靴に最適な引き戸付きボックスタイプの収納スペースも設置でき、こちらにはあらかじめスライドレールが取り付けてあるので、面倒な手間いらず。

    しかも、木目調のこの素材はメラミン化粧板。
    丈夫で摩耗にも強いので、ヒールが当たったりこすれたりしても傷つきにくく、水濡れや泥などの汚れが付いても簡単に拭き取れます。
    いつもきれいにしておきたい靴収納には、まさに理想的な素材!

    さて、ライフオーガナイザーの矢部さんは、100円ショップで買った木製スノコと靴ホルダーを取り出しました。
    靴ホルダーとは、片足分のスペースで上下に1足を収納する、Z状になったおなじみのアレです。
    スノコは上手に組み合わせて、引き戸の収納スペースの半分を上下2段に仕切ります。
    ここに靴ホルダーを2段にセットして、このスペースに6足も収納しようというのです!

    *advice
    木製スノコは調湿機能もあるので、靴収納におすすめです!
    サイズがぴったり合うように、大きすぎたらノコギリでカットしましょう。

    ご覧の通り、引き戸の左半分に6足が!
    右隣の庫内には、シューズケアのブラシや靴クリーム、防水スプレーなどを収納。

    *advice
    取り出しやすい所に収納すると、脱いだ靴にすぐブラシをかけられるので、お手入れが苦になりませんよ。また、犬のお散歩用具入れにもおすすめです。

    STEP2)春~秋の靴の上手な並べ方。
    スッキリ見えと雑然見えの差は、靴の向きにあり!

    比較的、背の低い靴やサンダルなどが主体の季節は、収納する足数を増やしたいので、棚板は3枚と、間に傾斜を付けた可変棚板1枚を入れています。

    *advice
    最上段の棚  グリーンの鉢や小物を飾って
    2段目の棚   ショート丈のブーツやブーティーなど
    3段目の棚(可変棚)パンプスなどお気に入りはディスプレイ感覚で
    4段目の棚  サンダルはやや斜めに。奥側を引きぎみにずらすと圧迫感なし
    5段目(引き戸の上)スニーカー類はカカトを前に向けるとスッキリ見えます

    引き戸の組み立ても工具いらず!
    底板→側板(左右)→天板をはめ込み、左右の引き戸をセットします。
    接続部分も、スライドレールも、あらかじめすべて板に下準備されているので、完成までとてもスムーズ。

    *advice
    引き戸は小さなお子さんでも開閉しやすいので、自分の靴をしまうお片づけ育にも役立ちます!

    STEP3)ブーツの季節には、引き戸も棚板も移動させ、高さを確保してスッキリ収納

    収納しにくい靴のナンバーワンといえるロングブーツも、引き戸を上に移動させ、空いた下の空間にしまえば、こんなにスッキリ!
    上部の棚スペースは、春~秋は3枚使っていた棚板を2枚にして間隔を調整しています。

    *advice
    最上段の棚  パンプスやローファーを
    2段目の棚   ショートブーツやハイカットシューズを
    3段目の棚(可変棚)スニーカー類を、カカトを前に向けて
    4段目(引き戸の上)ミドル丈のブーツ
    引き戸下   ロングブーツはモデル立ち(!)で

    *advice
    ロングブーツは立てて収納するのが理想的。
    ファスナーを閉めて、筒の部分に長さに合わせた新聞紙などの紙を丸めて芯にすると自立します。
    自然な形で収納できて型くずれが防げる上に、芯にした紙が湿気を吸ってくれるので一石二鳥!
    また、ロングブーツを何足か並べる場合にも、ちょっとした極意が。それは足の位置を斜めに前後させたモデル立ちに置くこと。
    全部が前向きのいわゆる仁王立ちで並べるよりも、断然スッキリ見えします!

    こんなにたくさんの靴の行き場ができました!

    (矢部さん)
    もう履けないけれど捨てられない、という靴ってありますよね。
    そんな靴は箱に入れてしまっておき、玄関まわりには現役で出番の多い靴だけを置くように「分類」して収納すること。
    そうすれば、あふれる靴にわずらわされないですみますよ。

    (ママ)
    おかげで玄関がスッキリ。取り出しやすくて便利になりました!

    実際に靴を入れている様子を動画で見てね!



    あふれていた靴が、まるでおしゃれな靴屋さんのような一角に。ちなみに27足がきれいに収納できました!

    【今回使ったパーツ】
    イジボ(1) 180本体 WN
    イジボ(5) 棚板 WN 2枚
    イジボ(6) 可変棚板 WN1枚
    イジボ(9) 引き戸 WN

    ●模様替えがママ1人でも!工具不要の簡単おしゃれなユニット家具>>

    ●リビングの収納を工具不要の組立家具とプロのアドバイスでスッキリ>>

    この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

    執筆: くらしと編集部

    記事内で紹介している商品

    関連記事

    人気記事

      紹介している商品を見る

      記事内で紹介している商品