こんなのが欲しかった!シンプルで機能的な<br>「カッティングボード」のおすすめと使い方

こんなのが欲しかった!シンプルで機能的な「カッティングボード」のおすすめと使い方

2018/10/25

シンプルで機能的な、食卓を彩ってくれるカッティングボード。毎日のお料理にまな板として使えて、そのまま食卓に出せるようなおしゃれさと、高い耐久性と軽さ、薄さ、そして長く続く清潔さを兼ね備えたアメリカ生まれのカッティングボードをご紹介します!

この記事のまとめ

    食卓を彩ってくれるカッティングボード。
    できれば毎日のお料理にまな板として使えて、丈夫で長持ち、さらにそのまま食卓に出せるようなおしゃれさを兼ね備えたものが欲しい!そんな風に思いませんか?
    この願いに「こういうものが欲しかった!」と応えてくれるのが「エピキュリアン」のカッティングボードです。

    毎日の相棒にオススメのまな板。
    「エピキュリアン」のカッティングボード

    シンプルな見た目と確かな機能性。
    高い耐久性と軽さ、薄さ、そして長く続く清潔さを兼ね備えたアメリカ生まれのカッティングボード。
    今回は、この「エピキュリアン」というブランドの物語と、その使い心地の良さをご紹介します。

    スケートボードパークの滑走面からアイデアを得た、
    耐久性抜群のカッティングボード

    アメリカ・ウィスコンシン州のブランド「エピキュリアン」は、もともと環境に配慮した企業理念のもとスケートボードパークを作る会社でした。
    滑走面で使っていたのは高い耐久性を持つ木の繊維を使った合成素材。
    丈夫さにかけてはお墨付きです。
    このアイデアをもとにカッティングボードを作ったことが、現在キッチン用品に定評のある「エピキュリアン」のはじまりだったのだそう。

    家族や友人のためのものづくりがきっかけという素敵な誕生秘話を持つ「エピキュリアン」。
    耐久性と環境への優しさを併せ持つ素材を選び、廃棄物を最小限に抑えてリサイクルする生産プロセスを採用しており、製造過程における環境への配慮も欠かしません。
    ブランド名は「美食を追求する人々」という意味であり、毎日の生活・キッチンの中心となり暮らしを豊かにしてくれる製品を作り続けています。

    丈夫で清潔、そしてオシャレ

    プロも愛用する機能性と、家庭での使いやすさが追求されたカッティングボード。
    天然木の繊維を合成した素材で作られているため、長く使えて丈夫です。
    非多孔性なので水分や細菌の侵入を防ぎ、清潔に使うことができます。

    薄型で軽いから、洗いやすいのもうれしい。
    食器洗浄機の使用もOKなので、家事の負担を減らしてくれます。

    場所を取らない収納性もバッチリ。そのまま置いておくだけで素敵です。

    軽くて薄いため、掛けておくこともできて便利。

    ブラックカラーは、白黒でスタイリッシュなキッチンや食卓にも合わせやすいと評判。
    切る時に食材が見やすいのもポイントです。

    暮らしに素敵に溶け込む、使い方アイデア

    特別なシーンはもちろん、まな板として毎日使える丈夫さが嬉しいエピキュリアンのカッティングボード。
    日々の暮らしでどんな風に使えるのかをご紹介します。

    3時のおやつもさらりとかわいく。一人分がちょうどよく収まります(Sサイズ使用)

    クリスマスやお正月。
    家族や友達が集まった時に振る舞いたいローストチキンやローストビーフは、そのまま食卓で切り分けて。(LLサイズ使用)

    カナッペは盛り付けるだけで華やかな食卓に。(Mサイズ使用)

    パソコン作業の合間の晩酌では、チーズや生ハムといったおつまみをササッとのせても絵になります。(Sサイズ使用)

    切ってそのまま出したいメニューで大活躍。
    サイズやカラー違いで複数使いをすれば、統一感のある食卓になりますね。(Lサイズ使用)

    こどものお手伝いにもぴったり!
    早ければ3歳頃からお母さんのお手伝いに興味を持つこどもたち。
    料理の楽しさを一緒に感じることができます。(左:Mサイズ、右:Sサイズ使用)

    笑顔が集まる食卓に。
    ずっと長く愛用したいキッチン用品として、「エピキュリアン」のカッティングボードを是非おうちに迎えてみませんか。

    この記事がいいと思ったらボタンを押してね!

    執筆: くらしと編集部

    記事内で紹介している商品

    関連記事

    人気記事

      紹介している商品を見る

      記事内で紹介している商品