• HOME
  • こどもの喜ぶ日特集
こどもの喜ぶ日特集

ちまきはなぜこどもの日に食べるの? 意外と知らない「ちまき」について

こどもの日に関東では柏餅を、関西ではちまきを食べるのが一般的な風習といわれています。
いったいなぜ日本では、こどもの日にちまきを食べる風習ができあがったのでしょうか。今回はその理由を探っていきましょう。
ちまきに込められた理由を知れば、今年もまた皆でちまきを食べたくなるはずです。

ちまきをこどもの日に食べる理由

ちまきを食べるようになった理由は諸説ありますが、主流と思われるものをひとつご紹介します。
日本でこどもの日にあたる5月5日は、端午の節句ともいわれており、この行事の元となったのが、中国から伝わった旧暦の5月5日に行われるお祝いです。
中国では5月5日の節句とこどもの日は別の日として位置づけられており、お祝いする内容も異なります。

中国の5月5日は、中国で愛国心が溢れる詩人「屈原」が川で亡くなった日。供養として川にちまきを投げ入れるようになったルーツとされています。この行事と、中国でこの時期に行われる菖蒲などを使った無病息災を願う習慣とが重なり、日本独自のこどもの日が誕生したと考えられます。
昔から邪気や厄を払う力があると信じられていたちまきを食べて、人々はこどもの成長や無病息災を願ってきたのです。

こどもの日に食べたい「ちまき」は?

【大阪産(もん)】鳥飼なす入り 中華ちまき・肉まん

こどもの日には、たべた瞬間笑顔になるような美味しいちまきをいただいてこどもの成長をお祝いしたいところ。
今年は絶品のちまきをお取り寄せして、日本ならではの行事を堪能しませんか?

<【大阪産(もん)】鳥飼なす入り 中華ちまき・肉まん>に入っている中華ちまきは、一般的なちまきには珍しく鳥飼なすや黒豆が入っているちまきです。1個あたりの大きさは大人の女性の手のひらほどで、ずっしりとした重さがあります。
温めた時の竹の香りに鼻をくすぐられつつ、紐をほどいて開いてみるとさっそく椎茸とご対面。椎茸は旨みと甘さが凝縮されており、もち米には香ばしさがあります。チャーシューは味がじんわりと浸みていて柔らかく、ナスも瑞々しさが感じられるなど具材の味がダシとなりしっかりともち米にまでしみ込んでおり、最後まで出来立てと変わらない美味しさをお楽しみいただけます。

もち米と大きな具材の噛みごたえがしっかりあり、男性でも満腹感を得やすいです。小腹が空いた時に食べても良いですし、お酒のお供にも良さそうです。
蒸し器はもちろん、電子レンジで温めても美味しくいただけます。

小さな頃にお祝いしてもらったこどもの日の記憶は、年齢を重ねても記憶に深く刻み込まれているものです。こどもの無病息災を祈る日本の風習を受け継ぎ、ちまきの美味しさと共に幸せな記憶を次世代へと受け継いでいってはいかがでしょうか。

こどもの喜ぶ日特集

ショッピングトップに戻る

ページの先頭へ

スマホ用サイトに切り替える
ひかりカエサル
  • クーポン利用で1000PT獲得