siroca 電気圧力鍋で簡単&豊かな食生活へ

気軽に普段使いできる電気圧力鍋を

「圧力鍋」というと料理上級者向けのイメージがあるが、シロカの電気圧力鍋は、料理ビギナーにこそオススメの1台だ。開発では、“使いやすさ”と“安全”に徹底的にこだわったと広報の担当者は言う。
「使う度に棚から出して…となると面倒ですよね。“普段使いできるよう、出しっぱなしでも気にならないコンパクトなサイズにしました。“上の蓋が丸洗いでき、お手入れも簡単です。蓋の閉まり方や蒸気の噴き出しなど、細かいところまで安全な設計を心掛けました」
また、カラーバリエーションに赤があるのも、圧力鍋では珍しい。
「圧力鍋はシルバーが定番ですが、丸みのある可愛らしいフォルムにはどうも合わなくて。様々な色「さんまのしょうが煮」がすぐできる!シロカの電気圧力鍋でを試し、最終的に白と明るい赤を採用しました。 インテリア性があるので、キッチンに置いたままでも違和感がないと思います」

こだわりの「スロークッカーモード

お洒落なデザインでも、機能はとことん本格的。1台で「圧力調理」「無水調理」「蒸し調理」「炊飯」「スロークッカー」「温め直し」ができる優れものだ。中でも注目なのは「スロークッカー」の便利さ
「時短が目的の『圧力調理』と、じっくり時間をかける『スロークッカー』は、本来は相反する機能です。ですが、キッチンの限られたスペースに家電は何台も置けません。1台でどちらも調理できるのは、シロカの電気圧力鍋だけだと思います」
他にも、素材の水分だけで作るため、ヘルシーにできあがる「無水調理」や、圧力がかかっているので、もちもちに炊き上がる「炊飯」など、搭載されている機能はどれも使い勝手の良いものばかりだ。

加圧中も静かで安全 子育て世代や年配者にも

「特にオススメしたいのは、小さなお子さんのいるワーキングマザーやご高齢の方です。火を使わず安全ですし、手間も時間もかかりません。肉や魚、野菜が柔らかくなり、たっぷり食べられます。これまで面倒だったり、危ないといった理由で諦めていた料理を、この電気圧力鍋で手軽に楽しんでもらいたいです」と語る広報担当者。シロカの電気圧力鍋は、毎日の食卓の心強い助っ人になってくれそうだ。

sirocaの電気圧力鍋で実際に作ってみました

さんまのしょうが煮がスグできる!!

準備した材料を入れるだけ

材料は切って入れるだけ

さんまのぶつ切り、しょうがの千切り、煮汁を内鍋に入れ、本体にセットする。

ボタンを押してほったらかし

モード選択してスイッチオン

「お好み」ボタンを押し、「時間+」「時間-」ボタンで設定。「スタート」ボタンを押したら調理スタート。後は何もしなくてOK!

20分で完成!

圧力表示ピンが下がれば調理終了

荷崩れせず、骨まで食べられるほど柔らかいさんまのしょうが煮が完成。すぐに食べても、保温してさらに味を含ませてもおいしい。

他にも簡単に多彩な料理ができる!!

料理例 新レシピも随時公開中
1台6役で大活躍手間なくプロの味に

【シロカ】siroca マイコン電気圧力鍋 SPC-101

  • サイズ:W219×D233×H262mm
  • 重量:約2.7kg
  • セット内容:本体、しゃもじ、計量カップ、蒸し台、レシピブック、取扱説明書(保証書)

    ショッピングトップに戻る

    ページの先頭へ

    スマホ用サイトに切り替える
    ひかりカエサル
    • クーポン利用で1000PT獲得