注目のキーワード:
SIMカードセット
掃除機
空気清浄機
洗濯機
エアコン
除湿機
ルンバ
扇風機
5,400円(税込)以上の購入で送料無料 ※大型商品を除く

カートに入れる

ほしい物リストに入れる

アサヒフードアンドヘルスケア ディアナチュラスタイル 鉄×マルチビタミン 60粒

  • 税込価格:
    974
  • 獲得予定ぷららポイント:
    9PT
    • 送料:540(合計5,400円以上の購入で送料無料※大型商品を除く)
    • 定価:1,182
    • 商品番号:3180042106
    • 在庫: お取り寄せ
    • 出荷目安2017/08/20 から 2017/08/29
    • 08/208:30までのご注文で08/30までにお届け予定
    • 「東京都」にお届け予定お届け先住所を変更する

ディアナチュラスタイル 鉄×マルチビタミン 60粒の商品説明

【栄養機能食品】

■商品説明
「ディアナチュラスタイル 鉄×マルチビタミン 60粒」は、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンEの栄養機能食品です。1粒あたり1日に必要な2.4倍量の鉄分18mgと、14種類のビタミンが入っています。毎日の健康維持にお役立てください。

■栄養機能
●ビタミンAは、夜間の視力の維持を助けるとともに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
●ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
●ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
●ビタミンB6は、たんぱく質からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
●ビタミンB12は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
●ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
●ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。

■お問い合わせ先
お客様相談室
フリーダイヤル:0120-630611
受付時間10:00-17:00(土・日・祝日を除きます)

製造者
アサヒフードアンドヘルスケア株式会社
東京都墨田区吾妻橋1-23-1

■お召し上がり方
1日1粒を目安に、水またはお湯とともにお召し上がりください。

■ご注意
●本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
●1日の摂取目安量を守ってください。
●妊娠3ヵ月以内または妊娠を希望する女性は過剰摂取にならないよう注意してください。
●原材料名をご確認の上、食物アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください。
●体調や体質によりまれに身体に合わない場合や、発疹などのアレルギー症状が出る場合があります。その場合は使用を中止してください。
●小児の手の届かないところに置いてください。
●ビタミンB2により尿が黄色くなることがあります。
●天然由来の原料を使用しているため、斑点が見られたり、色むらやにおいの変化がある場合がありますが、品質に問題ありません。
●開封後はお早めにお召し上がりください。
●品質保持のため、開封後は開封口のチャックをしっかり閉めて保管してください。
●本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

■保存方法
直射日光をさけ、湿気の少ない場所に保管してください。

■ブランド
ディアナチュラ

■JANコード
4946842636938

■内容量:60粒(1粒重量360mg)



■名称
鉄・ビタミン加工食品

■原材料名
デキストリン
V.C
ピロリン酸鉄
セルロース
イノシトール
V.P
ナイアシン
酢酸V.E
糊料(プルラン)
パントテン酸Ca
ステアリン酸Ca
V.B6
V.B2
V.B1
V.A
葉酸
ビオチン
V.D
V.B12
(原材料の一部に乳成分を含む)

■栄養成分表示
1日1粒(360mg)あたり
エネルギー 1.22kcal
たんぱく質 0.024g
脂質 0.018g
炭水化物 0.24g
ナトリウム 1.21mg
ビタミンA 450μg(100%)
ビタミンB1 1.0mg(100%)
ビタミンB2 1.1mg(100%)
ビタミンB6 1.0mg(100%)
ビタミンB12 2.0μg(100%)
ビタミンC 80mg(100%)
ビタミンE 8.0mg(100%)
ビタミンD 5.0μg(100%)
ナイアシン 11mg(100%)
パントテン酸 5.5mg(100%)
葉酸 200μg(100%)
ビオチン 45μg(100%)
鉄 18mg(240%)

■その他の成分
1日1粒(360mg)あたり
ビタミンP 10mg
イノシトール20mg

■栄養成分表示について
( )内の数値は栄養素等表示基準値に占める割合です。

■栄養機能食品(ビタミンA)とは
栄養機能食品は「身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給・補完に資する食品であり、食生活において特定の栄養成分の補給を主たる目的として表示をするもの」と定義されており、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能が表示できます。「ビタミンA」の場合は下記の通りです。
栄養機能表示:夜間の視力の維持を助けるとともに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。注意:妊娠3ヶ月以内または妊娠を希望する女性は過剰摂取にならないよう注意してください。
栄養機能食品として表示できる一日あたりの含有量の範囲:135-600μg(450-2000IU)
栄養素等表示基準値(食品の表示に用いる栄養成分の基準値):450μg


■栄養機能食品(ビタミンB1)とは
栄養機能食品は「身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給・補完に資する食品であり、食生活において特定の栄養成分の補給を主たる目的として表示をするもの」と定義されており、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能が表示できます。「ビタミンB1」の場合は下記の通りです。
栄養機能表示:炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
栄養機能食品として表示できる一日あたりの含有量の範囲:0.3-25mg
栄養素等表示基準値(食品の表示に用いる栄養成分の基準値):1.0mg


■栄養機能食品(ビタミンB2)とは
栄養機能食品は「身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給・補完に資する食品であり、食生活において特定の栄養成分の補給を主たる目的として表示をするもの」と定義されており、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能が表示できます。「ビタミンB2」の場合は下記の通りです。
栄養機能表示:皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
栄養機能食品として表示できる一日あたりの含有量の範囲:0.33-12mg
栄養素等表示基準値(食品の表示に用いる栄養成分の基準値):1.1mg

■鉄分とは
鉄は吸収率が約8%前後ときわめて低いために、欠乏しやすいミネラルです。有色野菜、大豆、小麦、カボチャの種子、牛肉、レバー、貝類、海藻などに多く含まれています。

■マルチビタミン
マルチビタミンは、必須ビタミン12種類とミネラルの一部が入った総合ビタミンです。

■栄養機能食品(ビタミンB6)とは
栄養機能食品は「身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給・補完に資する食品であり、食生活において特定の栄養成分の補給を主たる目的として表示をするもの」と定義されており、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能が表示できます。「ビタミンB6」の場合は下記の通りです。
栄養機能表示:たんぱく質からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
栄養機能食品として表示できる一日あたりの含有量の範囲:0.3-10mg
栄養素等表示基準値(食品の表示に用いる栄養成分の基準値):1.0mg


■栄養機能食品(ビタミンB12)とは
栄養機能食品は「身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給・補完に資する食品であり、食生活において特定の栄養成分の補給を主たる目的として表示をするもの」と定義されており、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能が表示できます。「ビタミンB12」の場合は下記の通りです。
栄養機能表示:赤血球の形成を助ける栄養素です。
栄養機能食品として表示できる一日あたりの含有量の範囲:0.6-60μg
栄養素等表示基準値(食品の表示に用いる栄養成分の基準値):2.0μg


■栄養機能食品(ビタミンC)とは
栄養機能食品は「身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給・補完に資する食品であり、食生活において特定の栄養成分の補給を主たる目的として表示をするもの」と定義されており、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能が表示できます。「ビタミンC」の場合は下記の通りです。
栄養機能表示:皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
栄養機能食品として表示できる一日あたりの含有量の範囲:24-1000mg
栄養素等表示基準値(食品の表示に用いる栄養成分の基準値):80mg


■栄養機能食品(ビタミンE)とは
栄養機能食品は「身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給・補完に資する食品であり、食生活において特定の栄養成分の補給を主たる目的として表示をするもの」と定義されており、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能が表示できます。「ビタミンE」の場合は下記の通りです。
栄養機能表示:抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。
栄養機能食品として表示できる一日あたりの含有量の範囲:2.4-150mg
栄養素等表示基準値(食品の表示に用いる栄養成分の基準値):8mg


■栄養機能食品
栄養機能食品とは、国が安全性や有効性を考慮して設定した規格基準等を満たした食品で、医薬品と一般食品の中間に位置づけたものです。1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合しており、からだの健全な成長や発達、健康維持に必要な栄養成分の補給・補完を目的とした食品です。現在、栄養機能食品として表示できる成分として、ミネラル5種類(カルシウム、亜鉛、銅、マグネシウム、鉄)、ビタミン12種類(ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸)の規格基準が定められています。



※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります